テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 14日

「ふたたび 花傍らに」展終わるー紡ぎあう(19))

中嶋幸治さんの力作フライヤーを見て訪れる人が、日を
変え夕刻以降再び来たりと、二度三度と訪れる。
そんな後半、ピークは土曜、日曜に来る。
最終日人が絶えず、夕方熱い打ち上げ。
鈴木余位さんも東京から駆け付け驚いていた。
2011年冬から吉増剛造展に触発され関わって来た
村上仁美さん、中嶋幸治さんたちとの7年間が、フライヤ
ー渾身の制作、花人の絹と木、花種・桜、フイルム燃焼
映像構成と三人が交錯し、ひとつの宙空間を形象したのだ。
入口右コーナー上部に吊られた焼け焦げたフイルムの下、
初日まだ蕾であった桜木が後半一勢に花開いていた。
そしてこの花開いた櫻木は展示終了後外の雪山に刺され
自由にお持ち帰り下さいの表示とともに道行く人に提供
されていた。
雪山に咲く桜木、不思議な光景である。

4台の映写機の、北壁・東壁・床2ヵ所に燃え、瞬く
フイルムの映像。
その北壁中央左前方に凛として立つ絹糸の滝。
太陽光・映写光源の熱で溶け燃えるフイルムの陥穽の
幻が、夜には会場全体の宙(そら)、宇宙空間となって
過ぎ行く時を忘れさせるのであった。
床に坐り、酒を飲み、ただただ話し、歌い、人は時を過
ごした。
そして酒井博史のギター絶唱「ファイト」が、絹糸の滝
を遡上するように歌われ最終日の宴は終わった。

鈴木余位さん、村上仁美さん、、中嶋幸治さん・・・。
ありがとう。

*秋元さなえ展「ランドへ」-3月20日(火)ー25日(日)
 am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

by kakiten | 2018-03-14 13:44 | Comments(0)


<< 花散ってー紡ぎあう(20)      旅立ちー紡ぎあう(18) >>