テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 28日

ふたたび・・・。-紡ぎあう(14)

初日夕刻今回展示のふたりを繋いだ吉増剛造さん来廊。
自分の個展時いつも持参するシャンパンを外の雪山に
差し込んでいる。
そしてガラス戸入口に立ち、手を振った。
内に入り、おめでとう、とふたりに微笑んだ。
まだ明るい午後の陽光が射し込んでいた。
しかし陽は次第に傾いて沈み始め、光が、2階吹き
抜け上部に照射する。
絹糸の滝の上に立つ一本の樹の幹・枝に光の中心が
移り始め下の空間が次第に薄く翳ってくる。
壁に投射されている映像が鮮明さを増してきた。
それらを全身で受け止めながら、感じる事、近況、
追憶と吉増さんの話は止まらない。
外に冷やしてあるシャンパンの栓を抜き、余位さん、
村上さん、私、中嶋さん、吉増さん5人で乾杯する。
今回の案内フライヤーを創った中嶋さんは早速吉増
さんからも絶賛され、嬉しそうだ。
興に乗った吉増さんが、最新の「怪物君」草稿を
取り出し、床に広げる。
さらに一昨日Y氏の新規店舗イヴェントで描かれた
まだ絵の具痕生々しく折り畳まれた草稿も広げた。
このふたつの草稿は最高傑作に属するすざましい
2点だ。
「怪物君」はこれで打ち止めと話す。
初めて美術家故若林奮氏に戴いた素の薄い銅板を
細い直線に切り、原稿用紙の縦罫線のように原稿に
貼りつけている。
これは私が知る限りここ数年の吉増作品が凝縮した
最高傑作と思う。
銅板に文字を打刻する時使っている若林さんから
戴いたハンマー、そしていつも持ち歩いているアイ
ヌのイクパスイ、そして朗読時手に翳すピーチハン
ガーの飾り物、それらすべてを3月2日まで此処に
飾っておくと言い出す。
明るい光で見たい、明日見ようと思い、ふっと気づく。
2月は28日で終わり、明日だ。
東京に送り返すのには、明日出荷。
1日だけだな、ここに鎮座するのは・・・。

午後4時頃から7時過ぎまで、関係者が主の、何とも
濃い、良い時間だった。
開展ぎりぎりに出来上がったけど、全力投球・手作り
制作フライヤーの中嶋幸治さん、そして初日朝まで徹夜
の展示者のふたり、2011年から毎年連続した渾身の
ふたりの牽引者吉増剛造の仕事、そこに立ち会ってきた私。
そして最後に東京から今回も駆けつけてくれた音楽家
川戸郷史君、石狩河口朗読撮影に関わった竹本英樹氏も
加わり、とっぷり暮れた夜の路上をご機嫌のほろ酔い足で
ホテルに帰る吉増さんをみんなで見送ったのだ。

今年、沖縄・東京松濤美術館と続く吉増剛造の軌跡。
是非来てくれと二度も念を押され、私もまた勇気付けられ
た気がする。
闘病・継続もまた、シジホスの石・・・。

+鈴木余位・村上仁美展「ふたたび 花傍らに」-3月11日まで。
 am11時ーpm7時:」月曜定休。
*秋元さなえ展ー3月20日ー25日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

by kakiten | 2018-02-28 14:01 | Comments(0)


<< 雪の朝ー紡ぎあう(15)      賀村順治・肉声の端緒ー紡ぎあう... >>