テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 28日

違いは拓くー紡ぎあう(4)

来週から始まる高臣大介ガラス展「紡ぎあう」。
この1年の経験がちらほらと彼の最近のブログに
顕れている。
その中で興味を惹いたのは、昨年彼が現地で経験
したフランスとアメリカの透明なガラスの違い。
フランスのガラスの色は少しブルーで、アメリカ
では少し黄味がかって感じるという。
無色透明なものにも地域差がある、というのが
面白かった。
空気の色、素材の微妙な相違、日本にない何か。
そしてそれを感じる感性。
話しは違うが、私が栃木・足利への道で感じた
都(みやこ)への道の新鮮な違いもまた、場所
の色の違いに通じているのかも知れない。
違いが区別・差別に陥らず、新鮮な発見と思える
時、少しだけ人は豊かになっている気がする。
区別・差別・分断・切り捨てのプロセスは、物化
した貪欲で貧困な感性である。
最新・最速・新旧の基準の故に、多くの物・現象
が捨て去られる時代だ。
違いは新鮮に拓かれる存在ではない。
フランスやアメリカほど大きな国の相違ではなく
とも、東北や北関東、さらに栃木・那須の国とい
った小さな国の相違でさえ、新鮮な違いが見えて
くる。
今回の高臣大介展のテーマ「紡ぎあう」とは、そう
した相違が新鮮な出会いを生み、相違が新たな世界
を紡ぐ言葉としてあるように私には感じられる。
透明という最も色彩から離れたものに、宿る光の空
気の色。
それを見詰める洞爺という極東の島の一地方に生き
る男が保っている透明感。
無色・透明もまた固有の色を保っている幸せ。
地球という星は、なんと豊かな場処なのだろうか。
物理的距離、物理的広さではない地軸の深さのよう
なものを感じるのだ。
アメリカでもフランスでもその国内にさらに新鮮な
透明感の相違があるのかも知れない。
北海道でさえ透明なブルーの相違が、オホーツクブ
ルー、シャコタンブルー、ウルトラマリンとある様に、
さらに人間ひとりひとりにも新鮮な相違として、小さ
く恋するように出会えれば良い、と思う。

3種類の透明なガラスに出会える事を楽しみに
高臣大介の<紡ぎあう>展を待っている。

*高臣大介ガラス展「紡ぎあう」-前期「器」1月30日ー2月4日
 後期「インスタレーション」2月6日ー12日(祝日):2月5日
 (月)作品入れ替え休み。am11時ーpm7時。
*鈴木余位・村上仁美展「ふたたび 花傍らに」-2月27日ー3月
 11日。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2018-01-28 13:51 | Comments(0)


<< 氷点の花ー紡ぎあう(5)      寄せて返す波・道ー紡ぎあう(3) >>