人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 18日

紡ぎあうー栃木・足利の旅(9)

かって小さな国がいくつもあって、中心に小さな都(集散地)
、周辺に地方(産地)が広がっていた。
そこを繋ぐ茎、幹のように道がある。
この道の往還には、人と物が一体となって流れている。
物だけではない。
人も志という心の往還も伴っていた。
都とは、人と物が凝縮し開く処。

何故こんなイメージが湧いたのか。
それは足利という那須国の都への道が豊かと感じていた
からだと思う。
カルチャー(耕土)があり産物が都に集結し花開く。
産地が根となり、茎となり、葉となって都で凝縮し花と
なる。
その道が一方通行ではなく、往還として感じられた。
今という時代は、その往還が分離し喪われつつある。
産物と人は物(商品)と人(労働力)に分断され、メガ
ロポリス圏に吸収され分散される構造だ。
人と物が紡ぎあうようにして都を目指し、人と志(ここ
ろざし)も都へ向かう。
それは吸収・分配ではなく、心と物の濃い抽出過程なのだ。
都のへの往路はかって<故郷に錦を飾る>と表わされたよ
うに、その還路も往路と分断ではなく地続きの道にあった。
その正当な回路の記憶が、南那須・大桶ー足利の道には
微かに息づいていた気がする。
鰻屋さんのご主人の川俣正、若林奮、農家の根菜・野菜・
果実に手作り人形、炊き込みご飯の粋込み。
これがそれぞれの都の香り。
裾野・中腹・山頂がひとつに繋がっているように、根・茎
葉・花が一体であるように、それぞれの心の都は耕土と繋が
って道も続いていた。

そうした初めての経験の中で見た吉増剛造展「涯の詩聲」は、
吉増剛造の10冊の詩集がそれぞれの産地直販所のようにあ
ってその耕地が関連資料で広がり、そして良寛・芭蕉・玉堂
から高村光太郎・石川啄木・吉本隆明等中世から現代まで遠
く近い世界も併存されて、吉増自身の都の感動のようだ。
吉増の生きて来た時代の紡ぎあう道が、この地に遺る道と遠く
近く呼応して、耕土(産地)⇔集散地(都)、根⇔花実、の美
しい往還を見せていたのだ。
ひとりの優れた表現者の道程とは、この古い道の様態と同じよ
うに、根、茎、葉、そして花・実と結実する命の正当な道程も
顕在化していたと思う。
「石狩河口/坐ル ふたたび」から、東北道・人の河口へ。
4月沖縄展は、近代日本の如何なるとば口が顕れるのか。

*高臣大介ガラス展「紡ぎあう」-1月30日(火)ー2月12日(月)
 am11時ーpm5時:5日定休。
*鈴木余位・村上仁美展「ふたたび 花傍らに」-2月下旬~

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




by kakiten | 2018-01-18 15:23 | Comments(0)


<< 高臣大介ガラス展-紡ぎあう(1)      銀河鉄道・剛造ー栃木・足利の旅(8) >>