人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 26日

ナウシカの木ー界を生きる(30)

四、五日前に来て二階吹き抜けのベンチがすっかりお気に入りの真下沙恵子さ
んが村岸さんの留守中待つている間今日もベンチでお昼寝をしていた。風が通り
ポカポカと暖かな陽射しのなかうつ伏せになって眠っている姿は下から見上げる
と円山のようだった。そのうち土田彩織さんが来た。彼女は医大の学生で感受性
豊かな人である。吹き抜けの円山に気づき静かに会場で話もせずゆっくりと座っ
ていた。小1時間ほどして帰った後彼女が書いた芳名録の感想を見てああと思っ
た。<ナウシカの「フカイ」の地下の美しい水を浄化している木を想い出しました、
耳を傾けると心に水がしみわたってくる気がしました。>そうだよなあ。あのフカイ
の下で必死で荒廃した世界を浄化している木の根たち。その近未来的な映像は
今も何処かで悲鳴のようにこの地球の地下で日常的に繰り返されている光景な
のかもしれないから。そう思って夜、床に寝っ転がって仰向けになって見てみた。
絹糸で吊られた筒型の金属の鳴子竹の鳴子が揺らめき、木の幹が立つて見る
時とは違って天に浮いている。暗い上部に本来の立ち姿のように立っている。絹
糸の線が水の滴りのように尾を引いて筒状の鳴子が水滴のようだった。夕刻午
後の光の中で昼寝をしていた真下さん、下から見上げナウシカの「フカイ」を感じ
取った土田さんと若い女性たちの深い豊かな感受性には脱帽である。後刻村岸
さんと話したが男性陣は概してこの木は何処から持って来たか、音はどういう装
置で出てくるのかといった探求する質問や捉え方が多く、女性たちはもっとすっと
作品と同化しそこからの感想や行動が直接的なのだ。この両方の感性を持った
時人は初めて人間という本質的存在に至るのだろう。男女という現象がトランスペ
アレントし人という本質的存在に至るまでその過程が生きるという行為そのもので
あるのかもしれない。
今日はフアイバーアートの作家田村陽子さんが来て村岸さんの足型を取っている。
踝から下の素足を太目の藁のような糸で編んでいるのだ。写真で見せて頂いた
門馬ギヤラリーでした彼女の個展は足型が会場の細長い空間の壁にベンチの
ように並びキノコの森のようだった。なにかこの直接性具体性そしてその抽象力
女性たちはすごいなあと思う。

by kakiten | 2006-07-26 13:19 | Comments(2)
Commented by 土田彩織 at 2006-08-14 14:27 x
ずっとこっそり見ていたのに、初コメントで失礼いたします。

今さっき村岸さんの訃報を聴き、
ついこないだ個展に行き、感動したばかりなのに…と
信じられず、ここにたどり着いていました。

私の感動を中森さんが文章にして残して下さっていて
とても嬉しく思います。

村岸さんは私と同じ年で、
大切に音を作り出すことにとても共感し合ってくれた人で
将来私が医療者となったとき医療とARTの夢の共演にも
協力してくれると言ってくれた素敵なお友だちでした。

彼の今回の個展は本当に心に染み渡り、
私に静かな感動の水を湛えてくれました。

もっともっとずっとこれからも
彼の作品を感じてみたかったです。

気が付くと、とうとうと涙が流れてきて
この想いが村岸さんの心に届いてくれたならと
すぐに札幌には駆けつけられませんが
実家の留辺蘂より願っております。
Commented by kakiten at 2006-08-15 11:23 x
彩織さん>風の谷のナウシカーその感想は芳名帖とともに大事に
村岸さん持っていかれました。きっと今も時折開いて読んでいる事
でしょう。あの時お会いできなかったけれど<フカイ>の感想は
一番喜んでいた感想のひとつでしたよ。


<< 機械と道具のあいだー界を生きる...      来る人、来ない人ー界を生きる(29) >>