人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 31日

往く・来るー最前列にして最後尾(27)

日曜日夕刻、菅沼緑さん岩手へ発つ。
大小十数点の作品を梱包し、車の屋根・車中に積み込む。
手伝いながら色鮮やかで軽やかに見える作品が、実に丁寧に
堅牢に仕上げられている事が手に伝わる。
色彩や曲線の形状とは違う、がっちりした堅牢な構造だ。
荒く息を吐きながら、梱包し緩みなく縛る。
丁寧緻密にして剛直、荷造り・梱包もロクさんらしい。

ロクさんに聞いた故郷鎌倉の山と湘南の海岸の話が、今も
心に残る。
山半分表は森林、裏はスパッと削ぎ落し宅地。
歴史ある風景とリゾート住宅街風景。
舞台の書き割りのように、山の裏表風景が二分される。
自然の有機的な境界が、面のように背景化・背後化する。
境は界(さかい)という空間性を喪失して、境面になる。
海岸もまた同様という。
陸と海の境は、ビーチとして整備される。
海岸はリゾートの境面。
この故郷の風景がどこかロクさんの作品構造に見える。
鮮やかな面の色彩と曲線の構造体。
そしてその立体を支える切断面繋ぎのケレン味の無い
構造。
今回の北海道の旅でロクさんが強く心に刻まれたのは、
自然と都市の間に横たわるより有機的な境界の相違だ
ったと思う。
自然的生物である人間。
社会的生物である人間。
このふたつの存在与件が激しく対峙して現在が在る。
長いこれまでの歴史が遺る歴史観光都市鎌倉は、自然
への畏怖と共存して歴史風景が在る。
一方近現代の都市鎌倉は自然を破壊し都市化が浸透し
観光リゾート化を続けている。
山地帯表裏する風景はその象徴である。
しかし鎌倉のような長い歴史ある都市と違う北海道
は、近現代そのものが海・山と向き合っている。
そこに近現代の可能性を見るか、その破綻を見るか。
歴史の感傷でもなく擁護・逃避でもなく、素で自然と
近現代社会の境界(さかい)を感じたのではないだろ
うか。
ロクさんが発った後そんなことを想っていた。

*ホピ&カチーナドール展ー11月1日(水)ー5日(日)
 am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




by kakiten | 2017-10-31 14:34 | Comments(0)


<< ホピ&カチーナドール展始まるー...      鎮魂・癒しー最前列にして最後尾... >>