テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 13日

里帰りー最前列にして最後尾(17)

茨城県土浦と水戸にいるふたりの妹が尋ねて来る。
急な訪問で吃驚。
姉の方の妹は先年旦那さんを亡くした。
札幌に来るのは二十年ぶりだろうか。
しかも姉妹揃って、この今のテンポラリースペース
に来るのは全く初めてである。
私の今の職場という遠慮もあるのか、慣れぬ環境と
いうのもあるのか、ふたりは程無く帰った。

久しぶりの帰郷。
そこにふたりの故郷はあったのだろうか。
兄は見慣れぬ場所にいて、慣れ親しんだ家業にいない。
百十年余続いた父・母・祖父の家業ではない。
札幌の風景も大きく変わっている。
実家の家屋も今はない。
故郷の故(ゆえ)の根、郷・里は消去されている。
兄に会いに来る縁という<故(ゆえ)>だけである。
お墓参りはしてきたというが、きっと心から寛ぐ
場処はなかっただろうと思う。
ふたりが帰った後様々な感慨が湧いて来た。
小汚いマンションの私の一室。
そこに先祖を祀る仏壇がある。
祖父の代からの多くの精霊がいる場所だ。
お墓もあるが、仏壇背負って流転した長兄の一室も
尋ねてほしいなあ、と微かに思ってもいた。
そして僅かな小さな近況の話をしたかった。
自らの不甲斐なさも含めてそんな微かな痛みに似た
気持ちがあった。

逢いに来てくれた妹たちの<故ーゆえ>の縁は、細
い糸のように宙に浮いて、ほっと大きく寛ぐ里・郷
の風景は無かった。
その哀しみはきっとふたりの妹の心にも、小さな
痛みとして押し隠されてあっただろう。
妹たちには妹たちの故里を離れた<故(ゆえ)>が
ある。
私には私の<故(ゆえ)>があり、現在がある。
そのふたつの<ゆえ>を結ぶ、里・家はもう無い。
しかしそれはきっと見えないけれど在るのだ。
それを話したかった。
きっと男と女の相違はあっても、私が志して闘って
きた場処には見えないそれがある。
妹たちが嫁ぎ先の家を背負うように、私も何かを
背負って今が在るのだ。
駅前通りの家も宮の森の家も三代の家業も今は無い。
同時に生まれた街も家も時代とともに変わってき
たのだ。
そこを生きてる真摯なそれぞれを語り合いたかった。

お帰り
お前たちも色々あったなあ、
俺もこうだったぜ。
久しぶりの故郷・札幌を、どう思う・・・。
なんてね・・・。

語りたかった。

*野上裕之アーカイブー10月15日まで。
*菅沼緑展ー10月17日(火)-29日(日)
*ホピ&カチーナドール展ー10月31日ー11月5日

 テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-10-13 15:12 | Comments(0)


<< 心のランドー最前列にして最後尾...      手当て・診察ー最前列にして最後... >>