テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 10日

静かな余白ー泉=メム(8)

昨日薄いヴェールの丘が消えた。
砂袋何個になったのだろう。
郊外の塵芥処理場へ何度か運んで行った。
大野一雄の踊った石狩来札浜の砂、札幌郊外
自宅庭の土、実家のある釧路の湿原の石。
村上仁美さんが運び込んだ3ヵ所の砂・土・
石は、薄いヴェールの丘となって、鈴木余位
さんの制作した石狩河口の一粒の砂と水の動画
が砂丘頂きに瞬いていたのだった。
砂・土・石の生命のように、夕闇の濃さと共に
瞬きを増していた。
そして時の経過とともに、砂の中から新しい草
の芽が頭を持ち上げていた。
さらに砂中の虫の移動の跡ー道(ル)が、砂丘
の表面に顕れたりもしていた。
大画面とモニターに映る吉増剛造の脳胎内映像
と鈴木余位の砂粒・水の脈拍映像。
その映像が消えた後も薄いヴェールの丘は、昨日
まで存在していた。
そして円錐形の丘の逆芯のような、アフンルパル
螺旋遺構の旅があった。
これも薄いヴェールの丘の続きのような気がする。

静かで豊穣な余白。
そんな余韻が会場にまだ漂っている。

*三人展「なんのためにあるのか」ー6月23日(金)
 ー7月2日(日)am11時ーpm7時:月曜定休。
*及川恒平×古館賢治ライブー7月中旬予定。
*5人展ー7月25日ー30日:鼓代・チQ・藤川・岡田
 ・酒井。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-06-10 12:03 | Comments(0)


<< 日曜逍遙ー泉=メム(9)      咀嚼・分解・吸収ー泉=メム(7) >>