テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 31日

手仕事展の友情ー広い河口(17)

かって円山北町時代毎年続けた秋田手仕事展。
秋田に留まらず日本各地の民芸の優れた手仕事を、
時にテーマを決め発掘し紹介し続けた。
その主催者の三浦正宏さんから便りが届く。
来月2月4日から3月26日まで北海道文学感
で開催される「”手仕事の日本”と民芸の思想」展
で展示と講演で1日から5日まで来札するという。
展示招待券十数枚と滞在中の訪問希望が記されていた。
彼と再会するのはもう十数年ぶりだろうか。
手仕事という観点から見れば、この日本の中に
も多くの国がある。
その日本の国内国際芸術祭をコツコツと続けて
きたひとりが彼であり、その努力の披露が札幌の
地でもあったのだ。
その成果が大きな展示会に結実しつつ今回ある。
ジャンルの枝分かれはあっても、その基本にある
のは、それぞれの地に生きる人の手の仕事の精華
である。
三浦さんにはこの間の私の小さな発掘、明治の治水
学者岡崎文吉の自然工法の護岸工事の記録(STV)
や山里稔さんの労作「北海道木彫り熊の考察」
(かりん舎刊)等を見せてあげたい。

定めた方向性や生き方は違っても、自分の生まれた
故郷・自然を踵として歩んできた眼差しの磁場は共有
している。
彼は秋田から、私は札幌から、地場に拘り地場を越境
し手の根源を見詰めてきたと思う。

<量の利>をベースとするパブリックアート祭やパブリ
ックオリンピック、そして高速公共新幹線等で揺れる札幌
に、<料の理>を手仕事として見詰め直す。
三浦さんの来札はそんな一陣の風を与えてくれそうだ。

*高臣大介ガラス展「奏であう」ー2月14日(火)ー19日(日)
 am11時ーpm時
*中嶋幸治作品展ー2月末予定。
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー4月予定

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-01-31 14:23 | Comments(0)


<< ハンブルグへー広い河口(18)      一滴の源流ー広い河口(16) >>