人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 31日

初日ー茨(イバラ)・戸(ト)(30)

大晦日の朝、
街が静かだ。
地下鉄も乗客が少ない。
うっすら新雪が積もり、陽光が白く反射している。

昨日森本めぐみ展初日、多くの人が来たようだ。
私は今年最後の通院で、夕方近く留守をする。
森本さんと赤ちゃんご主人が終わりまでいてくれた。
芳名録を見ると。尾道の船大工・彫刻家野上裕之さん
ご夫婦が来ていたようだ。
毎年お盆・正月の帰省に第一番に顔を出してくれる。
森本さんの大学の先輩でもあるので、今回の展示は
どう感じただろうか。
共に札幌を離れ今は尾道と鯖江に暮らす。
結婚し子供を設け彼の地で生きている。
そしてなお自分の本来の志、彫刻と絵画を続けている。
男女・年齢の相違はあっても、その生き方には共通
する何かがある。

今回の帰省に合わせ、年末・年始だけの、短いが濃い
会期である。
森本めぐみ展「百年の予定」が始まった。
素晴らしいパワーだ。
この場が、心の<故・里>。
それゆえ(故)、と繋がる場が(里)なのだと思う。
自然・風土は日々姿を変え、郷も里も消えていくが、
心を繋ぐ故(ゆえ)は、喪失してはいない。
10年ぶりに来た滋賀県在住のI氏が、森本さんの作品
一点購入してくれる。
そして6年前森本さんが大作を制作・展示した時、作品
に感動しミュージシアンのIさんは新曲を創り歌い後に
初CDに収録した。
そのIさんが、やはり作品を購入してくれた。
I氏やIさんにも森本作品は心の里でもあるのだと感じた。
郷や里を構成する自然風土が希薄になっている現在。
それを埋めるように、美術・芸術・文化がある。
変わらぬ心の拠り所として、時代・社会に対峙し求めて
いるように感じるのだ。

穏やかで静かなそして熱い人たちの年末森本めぐみ展風景だ。

*森本めぐみ展「百年の予定」ー1月3日まで。
 am11時ーpm5時:2日(月)休廊。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2016-12-31 16:17 | Comments(0)


<< 身駆・短駆ー広い河口(1)      百年の過去・未来ー茨(イバラ)... >>