テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 11日

石狩・みちゆきー茨(イバラ)戸(ト)(19)

現代詩手帖今月号の鈴木余位さんの文章を何度も
読み返しながら、やはり大野一雄の「石狩・みち
ゆき・大野一雄」の舞踏公演をトニカのように
思い返している自分がいる。
大野一雄が舞踏を志したアルヘンチーナ。
その亡霊になる最後のステージ。
鮭の生と死、そして誕生の舞踏の後、アルヘンチ
ーナの白い衣装の亡霊は、仮設の板張りの舞台(
この世)から、河口の水(あの世)へと入ってゆく。
雲間より夕陽の煌めく中、水中に身を置いた大野一雄
は入魂の舞踏、水浴び、生への賛歌を全身で表現する。
そして終幕。
そこからだ、ずぶ濡れの衣装のまま舞台へと這い上がり、
観客の為に自ら二曲のアンコールを踊るのだ。
南の島の曲「エストレリータ」と「ラ・パロマ」。
北の晩秋に近い夕暮れ。
冷たい水中のあの世から、仮設舞台のこの世へと戻ってきた
大野一雄は観客の為にもう一度生の賛歌を全身で表現する。
そして感謝の挨拶。
何度も言葉を継ぎ、場と人と風景に感謝した。

 場よりも、あるいは、時。
 発生ではなく、あくまで再生として。
 大野さんの舞踏のよう。
 ふたたび、ふたたび、と
 ステップのよう。

吉増剛造の2011年12月の「石狩河口/坐ル ふたたび」は、
3・11を経て2012年「ノート君ー古石狩河口から書きはじ
めて」で「怪物君」へのステップを歩み出す。
ここでも「石狩河口/坐ル」は・「古石狩河口」へと再度の
<ふたたび>がある。
大野一雄の戦中・戦後を経た日本近代の深い舞踏への<ふたたび>。
そして鈴木余位の一度封印した8ミリ映像への<ふたたび>。
大野一雄ー吉増剛造ー鈴時余位には、<ふたたび>のトニカが、
<場よりも、あるいは、時。発生ではなく、あくまで再生として。>
、今をステップしていると思える。

私はただただ、この3っの優れた美しい星の、それぞれの再生に、
立ち会えた幸せを、限りない感謝と喜びに感じている。

*川俣正TETRAーHOUSE326展ー12月26日まで。
*森本めぐみ展「百年の予定」展ー12月30日ー1月3日:1月2日休廊

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




 
[PR]

by kakiten | 2016-12-11 13:14 | Comments(0)


<< 臓腑活性・吉増剛造ー茨(イバラ...      再生と祈りー茨(イバラ)・戸(... >>