人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 06日

火の刺繍ー茨(イバラ)・戸(ト)(15)

久し振りにT氏父娘が揃って訪れる。
T氏の愛嬢Yちゃんもすっかり大きくなった。
黒い上着に真っ赤なセーターがよく似合う。
小学校卒業アルバム文集に、「小さな美術館」と題し
テンポラリーで個展の夢を記してくれた多感な少女も
もう高校生である。
今年あるコンテストで最優秀賞を受賞し、某大手演劇
芸能所の研修に毎週一回東京に通っているという。

展示中の川俣展を見た後ふたりに吉増剛造さんの送られ
てきたばかりの新作映像を見せる。
新たなこの映像で吉増さんはさらに過激に自由になり、
描いたばかりの濡れた画面にモーツアルトの斬新な演奏
とともにハンマーを幾度も撃ち降ろし、呟く声が重なる。
”・・言葉は要らないな・・”
ハンマーの乾いた鋭い音を聞きながら、ふっと私は馬の
蹄の音を連想していた。
そして、今秋石狩の乗馬クラブに一週間合宿したYちゃん
の裸馬・乗馬生活を想い出し、聞いた。
なにか馬に乗ってる感じがするね・・。
首を縦に振り、Yちゃんは黙って頷いていた。

同日夕刻札幌で公開講座を終えた吉増さんが訪ねて来る。
Mさん差し入れの極上ワインの味見と来年展示の打ち合
わせである。
T氏父娘も見たネオ怪物君の映像草稿と新たな映像草稿
とそれを撮影したDVDが披露される。
さらに次回展示のタイトル案草稿も持参し披露した。
<火の刺繍乃RU=道>。
朱筆で揮毫された文字を見ながら、今年6月の東京竹橋の
個展会場最終コーナー、飴屋さん撮影の石狩河口燃える草
稿映像を想い出していた。
新たなネオ怪物君の映像の中でも吉増さん自身が草稿に火を
近づけ燃やすシーンが含まれている。
今秋東京の展覧会終了後ニューヨークで実際に草稿を燃やす
シーンも撮影したという。
その映像を見て現物の作品は、ジョナス・メカスさんが購入
してくれたと、吉増さんが嬉しそうに語った。

同日午後・夕刻、祖父・孫ほどの年齢差あるふたりが同じ
ように小さな美術館に集い、燃える種火を近づけてくれた
ような気がする。

一日<火の刺繍>のような日だったなあ。

*森本めぐみ展「百年の予定」ー12月30日ー1月3日
 am11時ーpm5時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2016-12-06 13:56 | Comments(0)


<< マンゴーアイス寒・暖ー茨(イバ...      <振る舞い>祭の否定ー茨(イバ... >>