人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 17日

展示続行中ー撓む指(26)

福井・鯖江から届いた森本めぐみさんの作品を展示する。
5点組の楕円形の木板に描かれた絵画。
選んだ一首は
 
  運転手フロムフイリピン未明から未明へとすべりゆくタクシー

この一首から膨らんだストーリーが、5点絵画の展開となっている。
選んだ一首が回路となり、作家の内面の小波が映し出され呼応し、
タクシーは怪奇な船となり航海している。

今日森美千代さんが来て大きな縦長の書を展示する。
選んだ一首は

 水に沈む羊のあをきまなざしよ散るな まだ、まだ水面じゃない

流麗な筆の墨跡、書の批評は出来ないが、

 ・・・あをきまなざしよ散るな

という言葉に鋭く反応し画いた、墨線の強靱な流れを感じる。
この感覚は今回参加しているすべての人の基本線だろうと思う。

北方の国境ある海の労働、後継者不足の船大工の仕事、初の浪人受験生
妊娠から出産の子育て、志を持ち移住しアルバイトの日々・・・。
そんな日常の中で、一首撰び取り表現する。
歌そのものを超えて、今を生きる精神(こころ)が万華鏡のように
揺らめくのだ。
選んだ一首を回路にそれぞれの生の根がそこに投光され、作品として反射し
揺らいでいる。
やがて会場全体が「水に沈む羊」の万華鏡のようになり、さざ波の命が煌めく。

そしてそれぞれのtemporaryという日常に、con・根という
同時代の火が燃える。
燃やさねばならぬ・・・。
そう感じされる展示中だ。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」点ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 :参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
 野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
 ・久野志乃(絵画)他
 :ライブ 及川恒平×山田航「橋」ー9月25日(日)午後5時~予約2500円
*橘内光則「土曜の夜の夢」展ー10月9日ー30日
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー6日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2016-09-17 16:04 | Comments(0)


<< 次第に整う展示ー撓む指(27)      展示進行中ー撓む指(25) >>