人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 20日

界目(さかいめ)を生きるー斜め通り界隈(5)

ここに来てはや一ヶ月以上たった。荒業の改装工事そして今はソフトの部分
が目に付く。二階の資料室はまだ未完、外回りの整備、看板とする事はまだ
まだ多い。展示も予定していた3人展が作家の家の事情で流れ今月は空い
てしまった。物を売るのと違って空間を満たす場なのでこういう時はシンとし
てなにもない。7月は今シンクガーデンで個展をしている藤谷康晴さんと村
岸宏昭さんの個展が続く。空間を造りふっと訪れたこの空白の時間は自分
自身を見詰める境目のような時間と思える。そう悠長なことは勿論言っては
いられないのだがやはりそういう時間に思える。仮オープンしたその日頃か
らネットが途絶えブログやメールを通した窓は光回線の帝国に封鎖された。
その見えない巨大な通信機構の谷間で皮肉な事に私が発しようとする言葉
も着信という光も共に奪われたのだった。かって市街地再開発という法によ
って道が拡幅され家屋はビル街となり、最近は住のビル群に追われるように
美しい白樺と蔦のある窓の店を去り、今またみえない通信の帝国の支配
する狭間を経験している。そういう運命なのだろうか、いつもある境を生きて
いるようだ。運命というより対峙する価値観の接点を生きているのかもしれな
い。少年時代は父と母の価値観の違いの中で悩んだ。最今はそれが自分の
内側でやっと統一されつつあるのを感じる時がある。英語で透き通るが<tra
nsparent>と誰かに聞いた時あっ!と思った。両親がペアレントならそれに
トランスという変圧機が関わる事でもうひとつ別の存在が成り立つ。その事
が透き通るという言葉に転位されると知った時すごく楽になった自分がいた。
父さんも母さんもぼくは透き通ることができましたよ、なんかそんな気持ちが
して嬉しかったのだ。<媒介>とか<実体>とか哲学用語で惹かれていた
言葉がもっと単純にすっと納得できたのだ。時に英語のもつ即物的な語法は
えらく物事を明快にしてくれるのだ。多分遠く父母から始ってふたつの価値
観の谷間をずーつと生きてきたのだな。その境に引き裂かれつつそこから
透き通るように自分が自分らしくなっていくその場をずーつと探し続けてきた
のかもしれない。探すというか少し格好つければ闘ってきたともいえる。だか
ら基本的に生き方の基底にそうして矛盾を抱え込み苦しみ外へ開こうとして
いる人には深い共感をもって接することが多い。他人事ではないと思えるか
らだろう。色々な表現の分野があってもその基本にはその共感を透明な木霊
のように保ちそこから同じ時代を生きるconーtemporaryな視線を形にしたい
と思うのだ。

by kakiten | 2006-06-20 14:48 | Comments(0)


<< 道を歩くー界(さかい)を生きる(1)      8時間半彫り続けるー斜め通り界... >>