人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 07日

根差すー鉄橋(24)

不意に2002年のムラギシが姿を現した。
M美術館のF氏が昨日届けてくれる。
近々引っ越しするので、釧路時代の写真とか整理していた
ら見つけたという。
釧路芸術館でなにかのイベントの折り撮った一枚。
観客の中の何気ないショットにアフロヘアーのムラギシが
こっちを見て立っていた。
最近彼の18歳の時の絵画が声無き声を発し、とうとうその
当時の姿まで現した。
18歳の絵画では時代と社会の自分の足元を見詰め、死の
2週間前展示した最後の個展では、足元を流れていた市内
の川の源流域不動の滝近くに倒れていた白樺の幹を運び込
んだ。それを吊り下げ木の立っていた森の風音・川音を幹に
仕込み、耳をあて聴くというもうひとつの足元・風土への回路
を示唆したムラギシ。
一昨日の及川さんの事をブログに打ち込んでいた時だった。
感性の深い土壌。
声の発する感性の風土。
そこに根差す及川恒平のフォーク。
時代や社会に振り回されず、感性の土壌に根差すこと。

及川恒平1993年再起第一作「みどりの蝉」所収「さみだれ川」

 さみだれ川の澱みに
 うたかたの夢浮かぶ
 それが誰の気持ちやら
 逃げるようにかき消えた
 春のにおい 夏のひかり 秋のはなし
 冬のいのり

この後2フレーズ続く中最後の四季の歌詞は三度繰り返される。
最後の<冬のいのり>に四季が集約される。
及川さんの逆境時と北の風土感が染みいるような透明な声と
ともに胸を打つ。
<冬のいのり>が心に響くのである。
この歌声に誘われて、俺も忘れないで・・とムラギシも出てきたのか
も知れない。

 春のにおい 夏のひかり 秋のはなし
 冬のいのり

*及川恒平・山田航ライブ「ひこうきぐも」ー5月7日(土)午後7時~
 予約2500円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


by kakiten | 2016-05-07 13:14 | Comments(0)


<< 風強く晴れー鉄橋(25)      及川恒平さんの事ー鉄橋(23) >>