テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 08日

雪泥の道ー泉(19)

融けた雪が波のようになって、歩道が揺れる道となっている。
除雪の不十分な家の前は雪山が残り歩きづらい。
仕方なく車道に出れば濡れた路面が足下を直撃する。
そこに車が来れば軽いパニックである。
足下との闘い。
まるで私の日常そのものだ。
身体の病との闘い。
社会的生存への闘い。
すべて目の下の足下が戦場だ。
白い雪も泥のようになる。
志もまた時に泥仁塗れる。

語りたい事・人。
いくつも喉元まで溜まっているが、足下の不安さと警戒心が
それを飲み込ませている。
攻めぎ合いだな。
今、少し雪泥の方が強いようだぜ。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel 011-737-5503、
[PR]

by kakiten | 2016-03-08 12:25 | Comments(0)


<< また寒い日ー泉(20)      色んな事続くー泉(18) >>