人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 25日

病院の窓ー泉(16)

本来このブログは、画廊を窓にして書かれる日記だ。
最近自らの病によって、孤独なシジフォスのような
忍耐と努力の多くの時間が入り込んできた。
夕刻から夜間10時までひたすら耐える時間だ。
本来毎日のように打ち込んだハミガキブログでは
ないけれど、ベッドの窓口からみた世界もまた自分
だと思い、記してみる。

50人近く並ぶ治療者の何人かと顔見知りになる。
私のベッドの両脇の方が最初のふたりだ。
席替えのように時々ベッドの位置も替わる。
それでもこのふたりはどちらかが隣だった。
ひとりはアクション俳優のような背の高いスラリと
した40代半ば位の男性である。
もうひとりはもう少し上の中年女性で、図書館の司書
か、女子高の先生のような静かな人だ。
ある時通院歴を聞いて驚いた。
もう30年近くなると言う。
もうひとりの男性は、20年を越えると言う。
通院したての自分は急に1年生になったようで、両隣
に敬意を感じた。
最近またベッド替えがあり、左隣はこの男性氏だったが、
右隣は30前後の営業系の男性だった。
ベッドの上で胡坐を掻き、おにぎりやお菓子を食べ、耳
にはヘッドフオーンでTVやスマホを見ている。
時に鼾をかき眠っている。
余裕だなあ、と感心して、親しい看護士さんにそう話した
ら、この人ももう長いのよ、と教えてくれた。
1年を越えたばかりの人は私だけらしい。
2年の人もいないと言われた。
凄えなあ~と思う。
ここの院長が巡回の時いつもオッス!とひとりづつに声を
かける理由が解った気がした。
一種戦友なんだなあ、病の戦場の・・・。
さらに看護士さんが言う。
先生は最近優しくなったわ、以前はもっと怒って恐かった
みたい。でもそれでみんな今があるのよ。
あなたも頑張って・・・。
ひゃあ~、そんなに生きられるか、と思う。
そう思って他の人を見ると老若男女様々な人の顔が見え、
みんな二桁の年数を超えて来た兵士(つわもの)に見え、
あらためてここは夫々のシジフォスの急坂・戦場なのだ
と思う。
整然と並ぶベッドと影の無い光と壁。
そして透析機械の林立する白一色の空間。
その明視の世界に個々のシジフォスの背負う重い石が潜ん
でいる。
みんなここでシジフォスの石を運び上げる頂上の束の間の
休息を得て、また裾の日常戦場へと向かうのだろう。
やはり挨拶は、オッス!だなあと感じ入った。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2016-02-25 14:31 | Comments(0)


<< ログインー泉(17)      行きつ戻りつー泉(15) >>