テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 28日

雷鳴って雨ー花(21)

ドン、と雷が鳴って、ザァ~ッと濃い雨。
朝、トイレの貯水タンクの水止まらず洗面所の水バルブ
断水して業者の手配をマンション管理人に頼み出てくる。
画廊に着きメールその他を点検返事等の用を済ませている。
そしたら雷雨。
これも水難だなあ。
夕方通院時までに止むだろうか。
昨晩お風呂に入って久しぶりにすっきり。
こちらは暖かい水の恵み。
本当に水という自然は快い恵みと怖い畏怖の両面である。
水だけでなく、空気も光も同様だ。
あらためて内臓言語、コワ~イーカワァ~イィを思い出す。

と書いたら、急に雨が止んだ。
気紛れな秋の天気。
しかし確実に世界は秋から冬の世界へ進んでいる。
気紛れと思うのはこちらの勝手な気持ちで、気紛れではなく
これも有機的な季節の移動の活性化プロセスなのだ。
女性のお喋りみたいなものかも知れない。
言わば季節の筋トレだ。
季節の内臓のお喋りだ。

窓を開けるともう青空が広がり、けらけら笑うように日が射している。
空気は、そこはかとなく冷たく潤って甘く匂う。
いよいよ短い秋本番。
もうすぐ壁の蔦も真紅に燃え出すだろう。

*佐佐木方斎展「Housai’s Early works-1972-1974」
 10月6日(火)-18日(日)am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-09-28 14:09 | Comments(0)


<< mataーpa(冬・年)の始ま...      水難・金難余話ー花(20) >>