テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 26日

薄日射してー花(19)

薄日射して、空気冷涼。
sak-kes(夏の終わり・末)だなあと思う。
先住民の感じた北海道の秋。
秋が夏に属している。
古アイヌは一年を交互に来る夏の年、冬の年と数えたという。
森が主役の夏と雪が主役の冬。
そう捉えれば、世界は冬の白と夏の緑の交互の世界。
秋は緑が深く枯れて紅葉し落ち葉となる
夏の末・終わり。
春は緑が萌し煙るような緑の初め・夏の序奏。
春秋短く雪の深い北国ゆえの直裁な季節感だ。
そんな秋が深い今日だ。

*佐佐木方斎展「Housai’s early works 1972~
 1974」ー10月6日(火)-18日(日)am11時ーpm7時月曜定休

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-09-26 14:52 | Comments(0)


<< 水難・金難余話ー花(20)      無心ー花(18) >>