テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 18日

ふたつの津波ー花(12)

家に帰りTVを点けると、国会の乱闘場面が人の津波の
ように雪崩れて写し出された。
緑の服の女性議員が前の人の頭越しにダイビング。
無数の手が議長に向かって指を伸ばし何かを掴もうと
氾濫している。
これで議決。

しばらくして一般のニュースの時間。
今度はチリ沖のマグニチュード8を超える地震の
ニュースで、太平洋を越えて日本にも津波来襲の警戒
報道が伝えられる。
今朝はその津波到着の各地の水位情報が延々と続く。

院内の一室を震源とする日本の将来に関わる賛成・反対
の人の津波。
地球の反対側チリ沖を震源として、太平洋を越えて届く
水の津波。
一国内の自衛を超え、他国他衛拡大の憲法解釈変更の地震。
自然という地球の有機的な波及・津波。
一夜にして広い太平洋を越えて届く巨大なエネルギーに
人はどう自衛するか、という人類的課題にもっと向き合う
方が第一ではないのか。
議事堂の一室の地震と地球の反対側から届く地震。
その為の自衛を巡る論争は、明らかに大きな隔たりがある。
国家という人間が線引きした世界と、地球規模でひとつの
有機的な自然界と、どちらを自衛の基礎に置くかを、自然
災害を基準線にもっと謙虚に線引きを考慮すべきだ。
一国家の安全などを持ち出さなくても、多くの自然被災・
戦争被災の難民を率先して救助に自衛隊が働けば、言葉では
なく感謝の心の国際平和に貢献するだろう。
勿論自国の難民からもだ。
そうした自然災害、原発事故、核被災の可能性は、今後も
益々増加し続ける可能性が今は大きいのである。
それこそが国境を越える、真の自衛というものだと思う。
緑の衣装の跳躍よりも、太平洋を越える緑の波頭の跳躍の方
が、より私達に伝える真の自衛の警告と思える。

*佐佐木方斎展「Housai’s Early Works」-10月
 6日(火)-18日(日)am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-09-18 14:33 | Comments(0)


<< 堤防ー花(13)      青空ー花(11) >>