人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 23日

掌の変幻ー窓(10)

瀬川さんの作品を見ていると、何故か優しい気持ちになる。
そして浮かんだ言葉。
掌(てのひら)。
千手観音の掌(てのひら)。
掌(たなごころ)。
一葉、一葉がそんな気持ちを伝えてくれるからだろう。

掌の変幻だな。

<hand>という五体のひとつの手ではなく、<てのひら
・たなごころ>という精神的な宇宙の掌だ。
本来手とはそういう掌なのだろう。
手がお釈迦さまの掌となる時、その柔らかな<てのひら>は
人間の住む平野に例えられるという。
腕から胸・肩にかけての斜面は山や谷に例えられ、平和で
優しい広がりが掌の開いた空間だ。
瀬川さんの掌が日常生活の些細で無用な紙片・紐等を重ねて
掌(たなごころ)の抱く珠のような作品を創っている。
これらの作品たちは、毬藻のように蔦に覆われた古い木造の白い
空間で、射し入る光とともに呼吸し安らいでいる。
作品と場が握手し、合掌している。
そんな幸せを感じる2日目の会場だ。

*瀬川葉子展「FILE」-8月21日(火)-8月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 te;.fax011-737-5503

by kakiten | 2015-07-23 13:52 | Comments(0)


<< 活性と下垂ー窓(11)      日常曼荼羅・万華鏡ー窓(9) >>