テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 04日

初夏の表情・・・-斜道(20)

個展を終えて久しぶりに高向さんが来る。
胃の痛くなるようだったという展示前後の思い詰めた
表情が消え、今の季節初夏のような表情だった。
テーマとした汽水ー淡水と海水の水の境。
境という世界を他にも同じ思いで現実と闘って生きて
いる人がいる事を知り勇気をもらったと語る。
作品を展示し、返ってきた未知の他者からの反応が
彼女に力を与えてくれる。
今日が最終日のアキタヒデキ展をこれから見に行くと
言う。
ここでも未知のふたりが作品を通して心を繋ぐだろう。
境を渡る橋という原風景を基底に幾つもの境界を主題と
したアキタヒデキ写真展。
カメラという自らの内面と外界を繋ぐ回路を得たと確認
する為に開かれた展示は、多くのこれまでの写真を整理
し、原稿用紙の桝目のように正座し言葉を発していた。
高向さんはどの一点が心惹かれるだろう
私の知る見た人の何人かが何らかの一点を心に留めていた。
Mさんは桜木の一点を、Sくんは狸小路の一点を・。
それぞれに生きてきた時間に眠る現在と原風景の境の橋と
思える一枚である。
私は春楡(エルム)のそれかなあ。

電話が入り、凹み取材中の谷口さんと山田航君からだ。
7月個展の為の新たな凹みが東北部で見つかったという。
旧琴似川沿いの百合が原公園近くという。
トレース終えてこちらに向かうと言う。
岡崎文吉の護岸跡の残る茨戸川と卸売市場路上を繋ぐ東部の
路上亀裂・凹み。
ここでも路上の亀裂という凹みの橋を繋いでいるなあ。
一仕事終え、またきっと初夏のような笑顔で3人が現れるのだろう。
谷口夫妻に山田君・・。

そして確実に確かな第一歩を踏み出した高向、アキタふたりの作家
たちの、初夏のような笑顔にもまた会える事を楽しみにしている。

*及川恒平・山田航「二本のポプラをめぐる二つのうた」ライブ
 5月16日(土)午後5時~予約2500円。

 テンポラリ-スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-05-04 12:40 | Comments(0)


<< ロジャーアックリングの思い出ー...      ドライウエイトー斜道(19) >>