人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 04日

旅立つ人ー歩行(5)

短い旅、長い旅。
それぞれに旅立つ人がいる。
昨年春大学を卒業した瀬戸君が1カ月ぶりに来る。
アメリカへ演奏旅行で旅立つはずだったが、メンバーの
ひとりが体調を崩し延期になっている。
在学中も年に一度はアメリカ、インドなどを訪れていた。
卒業後も海外でジャズヴォーカルとギター演奏を続けて
生きたいようだ。
後から大学を中退し美容師の道を選んだ大塚君が来ると言う。
まもなく来た大塚君は10日後東京へ就職するという。
見習いも兼ね現場で修行という事だ。
10年は札幌に帰らないと言った。
実家が美容院なので10年後には家を継ぐのだろう。
最初の給料で第一作品集を出すのだ、と言って初稿のコピー
を置いていった。
「航海する雪」と題された詩集である。
彼は詩人で今までも多くの詩を発表している。
故郷を発つ前に一冊に纏めたかったのだろう。

 人は雪を雪として認識できる
 意識の外側には確かに
 溢れるほどの木漏れ日があるというのに

山田航さんは京都へ、竹本秀樹、藤倉翼さんは展示でニューヨ
ークへ、とみんななにか大きな転機のように旅へと出ている。
そういう時期なのだろうか。
人の動きに春の蠢動がある。
短い旅も長い旅も折り重なって春が近づく。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-03-04 14:56 | Comments(0)


<< 旅先からの便りー歩行(6)      三寒四温ー歩行(4) >>