人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 31日

腑に落ちるー道行き(21)

内臓言語と筋肉言語。
そんな言葉の発する位置の差異を考えていると、一心に
手元のスマホを見詰めている人たちが人工の内臓言語を
見詰めている姿に見えてきた。
若い女性は特に深夜の暗がりでも、守り札のように前に
スマホを抱えて歩いている。
地下鉄内でも半数以上が手元の小さい箱を見詰めている。
これは情報の内臓透析だ。
本来の内臓言語が薄い箱型の端末装置に代行されて、外部
情報が電気的に映し出されている。
内臓言語を発するのは女性が多いが、その女性達がスマホ
という人工機器を得る事で本来の身体内から発する言語を
希薄にしつつあるのではないだろうか。
内臓言語は実は女性特有のものではなく、表現としても
多々あったと考えられる。
例えば納得する事をいう、腑に落ちる。
この腑とは臓腑の事である。
言葉の真の意味を身体で理解する、という例えである。
筋肉言語は外界に向かって作用するが、内臓言語は内に向か
って放たれる。
胸に沁み、腑に落ちるのだ。
そうした言語の本来保つ身体性が、スマホのような人工情報
透析装置によって身体の直接性を希薄にして目と指の操作だ
けで代行され、身体全体で感じる内外の直接性が希薄になり
つつあるのではないのか。

一心に胸の前の小さな箱を覗き込んでいる人を見ると、そんな
妄想が浮かんでくる。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-01-31 14:32 | Comments(0)


<< 凹みの彫刻ー道行き(22)      通院日記ー道行き(20) >>