人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 26日

打ち上げー道行き(18)

谷口顕一郎さんが手作りのビーフシチュを持ってきたり、
ピザの持ち込みがあったり、チキンんなんとかのフライ
とか飲み物も含めて多くの差し入れが集まる。
午後8時の終了とともに乾杯。
打ち上げの宴が始まる。
程なくギター持参の酒井博史ワンマンショーが始まった。
途中から高臣大介さんも加わって歌い出す。
心のこもった円山時代の私のスペースでの思い出話を交え、
酒井君との最初の出会いの話をした。
2曲ほど歌い最後に円山時代最後に大いに盛り上がった「ガ
ンダーラ」を歌い出だす。
”ガンダーラ!”を繰り返す最後のところでは全員の大合唱
となり、熊谷氏は熊踊りをしながら中央のガラスの房に触れ
まくって、みんなの歌声とともにガラスの響きもまた合唱に
加わる。
さらに谷口さんも凹み踊りをしながら熊谷さんに代わって
ガラス房に触れ音色を出す。
音色と歌声渾然一体となり、大拍手の内にガンダーラが終
わった。
そして最後は酒井君の「夢よ 叫べ」。
そしてアンコールで「ファイト」が歌われる。
この最後の2曲はまた別の感慨を与える。
酒井君と出会った9年程前、よく彼が歌っていたのが「夢よ 
叫べ」だった。
大介さんも同じ思いらしく、今日は特別胸に沁みるなあと
呟いている。
テンポラリーの円山時代の最後、そして今の新たな展開。
そこに至るまでの色んな想いが、彼の胸中にも去来していた
に違いない。
正に”夢よ 叫べ!”である。
こうして記憶されるべき「とめどなく」展は終わった。

打ち上げの熱気は、あふれでるーなりひびくーとめどなく、
とその後も夜遅くまで続いたのだ。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2015-01-26 15:14 | Comments(0)


<< 嵐去ってー道行き(19)      「とめどなく」最終日ー道行き(17) >>