人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 06日

触れる手ー道行き(2)

昨年末右手首を骨折して思う事がある。
利き腕が使えないと左手が主になる。
それまで意識しなかったが、右利きが重点のように
社会は構成されているらしい。
瓶の蓋の螺旋、ノブの回転に至るまで力の重点は右
の指先に力点がある。
添えられる左手の指先は補助し右指の力点をサポート
する。
これがないと右手は有効に力を集中出来ないのだ。
右手左手はあたかも男女のようである。
そして左手主体になってみると、左手から見える世界が
出てくる。
なんでもない事が、右手主体から左手の目線で見ると
少し違って見えるのだ。
右手優位の偏った世界が新鮮にも不道理にも見えてくる。
そしてそれぞれの役割分担が非常に大切な事が分かるのだ。
掌で石鹸の泡を立てようとしても、右手の力を支える左手
の掌が無ければ泡は立たない。
利き腕を支える左手だけになった時、右手の存在の弱さも
左手の見えなかった役割も意識させてくれるのだ。
傷ついて分かる真理もある。

左手が主になると世界は随分新鮮に見える事がある。
社会構造は右手優位の差別構造が多いが、触れる世界はより
公平で新鮮で珍しい。
病や負傷も時に、世界とのチャンネルを変えて不便を豊かに
してくれるなあ。

*吉増剛造展「水機ヲル日、・・・」-1月11日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*高臣大介ガラス展「とめどなく」ー1月20日(火)-25日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel.fax011-737-5503

by kakiten | 2015-01-06 12:42 | Comments(0)


<< 大きな手袋ー道行き(3)      穏やかな正月ー道行き(1) >>