テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 31日

三巨頭の写真ー透析・師走(24)

今月13日の吉増展オープニングの写真を貰う。
中に佐佐木方斎と岡部昌生と吉増さん3人の一枚があった。
珍しい3人である。
70年代疾走する詩人として全国を突っ走った吉増剛造。
80年代を「美術ノート」編集、現代作家展、作品発表
とひとり3役で北海道の美術界を牽引した佐佐木方斎。
90年代テンポラりーを拠点に世界へ羽ばたいた岡部昌生。
それぞれがある時代を代表する実力者なのだ。
こんな3人が一堂に会し笑顔で談笑しているシーンなど
滅多にあるものではない。
3人の今の評価はそれぞれに異なるだろうが、それぞれの
出立ともなった70年80年90年代での歴史的仕事は
消え去るものではない。
ここにこうして3人が顔を合わせているのは、まだそれぞれ
が現役である事の証左なのだ。
この3人に今最も輝いている映像作家のひとり石田尚志の
突き抜けたような笑顔がもう一枚の集合写真に写っていた。
この4人だけで北海道に留まらず、日本を代表する作家の
集合のワンシーンである。
北の場末の小さなギヤラリーで本当に熱い男達の出会いが
実現していたのだ。
時間を経てあらためて写真を見て感じる事である。
それぞれの時代を代表する仕事を成した男達が、勿論今も
活動を続け吉増さんのライフワークに笑顔で立会い款談して
いる姿は勇気を与えられるものである。
ここで4人が一緒にいる事のそれぞれの今に至るまでの
ドラマの存在も思い起こせば深いものがある。

+吉増剛造展「水機ヲル日、・・・」-1月11日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休:正月3ヵ日休廊。
*高臣大介ガラス展ー1月20日ー25日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-12-31 13:52 | Comments(0)


<< 穏やかな正月ー道行き(1)      止まらないー透析・師走(23) >>