テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 08日

展示は進むー透析・師走(6)

河田さんをリーダーに酒井さん、帰国中の谷口顕一郎さんも
加わって作業が進む。
みんな多忙の中協力作業だ。
青森県立美術館「縄目の詩、石ノ柵」展に向かった吉増さん
から電話が入る。
”札幌の心の花篭、そのまま持って行って今もそこに居るよう
 だぜ~”
こちらは昨夕までの作業で、展示の骨格が見えたと報告する。
フライヤーのさらなる追加をお願いされる。
持参分はもうすべて発送したそうだ。
最後は言葉も絶えて、札幌でのハイテンシヨンが続いている。

私は今日も通院なので、定休日だが作業に立ち会う為に画廊に
出て明日初日に備えて仕事する。
まだ誰も来ていない空間に昨夜までの熱気が漂っている。
谷口さんが提供してくれた灯油ストーブの熱気も加わって
会場は大分暖かくなった。
OPPに挟んだ狂おしい草稿が人の動きと風に揺れている。
風が機(ハタ)ヲリ、水が機(ハタ)ヲル日、・・・
間も無く開幕である。

*吉増剛造展「水機ヲル日、・・・」-12月9日(火)-1月11日(日」
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fac011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-12-08 13:35 | Comments(0)


<< 吉増剛造展ー透析・師走(7)      流れるー透析・師走(5) >>