テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 05日

陣中見舞いー透析・師走(4)

オープニングとは別に個展前の陣中見舞いに吉増さんが来る。
病状を気遣っての事である。
幸い通院しながら展示は予定通り進めている。
河田氏、中嶋氏、酒井氏の力添えによる処が大きい。
しかし展示はこれからが本番だ。
先ずは過剰なる額装作品は百枚もあるので返送せねばならぬ。
草稿を裏表見せる会場構成がまた大変だ。
そんな中の吉増さん来訪である。
個展前の嵐だ。

自宅マンシヨン駐輪場が来週から冬囲いするので闘病中画廊に
置いてあった自転車を戻しに久しぶりに昨日自転車に乗った。
病院に行く前の体調悪い時以来だが今も速度が出ず、ふらふら
と危ない運転だ。
速度が出ないので僅かな傾斜にも苦労する。
何とか駐輪場に自転車を入れほっとしてふらつく。
何事にも遅速で拙速が危ない。
自転車をスイスイ飛ばし、早足で韋駄天と呼ばれたのは
遠い昔のようだ。
今はスピードが敵である。

見えない川の探索から始まった私の人生は、今は内なる水と
の闘いが生命の境界線にある。
冬の臓器、水を司るミコト・腎臓と向き合っている。
体内の幾多もの臓器は恒星のように体内を巡っている。
臓器にも四季があって腎臓は冬の臓器と呼ばれるらしい。
心臓は差し詰め夏の臓器だろうか。
肝臓は秋だろうか。
肺臓は春の臓器だろうか。
身体宇宙に心が及んで、そこから見る外界は今までより緩い
速度で世界が見える。
身体内の宇宙を経由するからだ。
内なる冬と外なる冬がゆっくりと呼応して「水機ヲル日、・・」
本番前である。

*吉増剛造展「水機ヲル日、・・・・」-12月9日(火)-1月11日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-12-05 13:09 | Comments(0)


<< 流れるー透析・師走(5)      嵐の前ー透析・師走(3) >>