テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 27日

通院と通勤ー街灯・霜月(10)

通勤と通院の日常生活のリズムに少し慣れてきた。
ギヤラリーを窓口に見る世界、
病院を窓口に見る世界。
身体的弱者が管理され集う場所。
精神的表現者が発する場所。
その環境の相違が人を見る位相を変えている。
通う回路も変わって世界も変わる。
ほんの少しの相違が人との触れ合いをも変えるのだ。

身体の中で水との闘いが続いている。
身体にも護岸や堤防が必要なんだなあ。
腎臓を患って初めて分かる身体の自然。
そして内臓から見る健康。
それまで病とは外側の目線から多く見ていた。
見えない臓器が如何に四六時中休まず働いているか。
水や空気や光と同じように透明な不可視の存在として
掛け替えの無い存在として臓器も在る。
体内の水を管理する腎臓が身体の護岸装置ならば、その
身体の治水と今向き合っている事になる。
私自身が自分の岡崎文吉となって身体の川の水と向き合
っていかねばならない。
熊が身体の健康を象徴するなら、文吉は病を象徴する治療
のような気がしてきた。
今年は文吉と熊の水難の年である。

そしてこの後吉増剛造の「水機ヲル日、、、」が続く。


*山里稔と木彫りの熊展ー11月30日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*吉増剛造展「水機ヲル日、、、」-12月9日ー1月11日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 yrl/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-11-27 12:04 | Comments(2)
Commented at 2014-11-28 09:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kakiten at 2014-11-28 11:21
小川さん>ありがとう。頑張りますよ。


<< ふたつの黒ー街灯・霜月(11)      低い位置ー街灯・霜月(9) >>