人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 29日

及川さんの声

朝から及川恒平の3月と6月のここでのライブ録音を聞いている。
今朝有線放送の設備は解除したから、自前のオーデイオに切り換えた
から。太田ヒロさんの名録音である。ギター一本で及川さんが歌っている。
及川さんの声が、外の白い風景に流れていく。雪の世界に人も車も影のように
通り抜けていく。午後の曇天の空気は、陰を含んでいる。<こんなに寒いのに
どうして池の中にいるの、見えない明日が見えたら怖いでしよう><凍える人と
凍える人が抱き合っても暖かくならない>京都の詩人萩原さんの詩を歌って
いる。<あなたに暖かな体が戻ってきたなら肘も膝も二つに折ってぼくは
抱きしめる> 雪に合うなあ恒平さんの声は。<氷屋に道を尋ねているうちに
雨が落ちて雨が落ちて人の喪ははじまったー>ここでも氷屋は夏のイメージに
はない。声の質が<北>なのだ。美唄出身で釧路育ちの彼には<氷>はやはり
北のものだ。ここで3月6月10月12月と4回のライブを聞いてそう思う。声の質
そう<原形質>なのだ。私もまた街の原形質を追いかけている。
それはアイデンテイーとかオートノミイーとかいうけれど、街の質なのだ。

サッポロオリンピックで道路拡幅され、今は冬はロードヒーテイング夏はお洒落な靴
が闊歩する舗道の下に祖父祖母、父母の血と汗が埋もれている。祖父の時代は
停車場通、父の時代は駅前通、母の時代は四番街と呼ばれた街に一軒の家が
眠っている。道が拡幅され拡大した分、天に直線状に底上げされた店舗群の街。
そこで街の質は、物が溢れ、人の流通量の大小に還元されていった。
私はその街から難民のように逸れて、円山北町で衣装を脱いだ。
年末のふっと振り返る時間に恒平さんの声に触発されて、去しかたを書いたなあ。

<過ぎし日に想い馳すー時代の片隅に忘れ去られ>(引潮ー及川恒平)

<原形質>を追求すると過去もまた露出くるのだろう。

 

by kakiten | 2005-12-29 17:54 | Comments(0)


<< 25年を迎える人去る人      魂の暗渠 >>