テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 09日

さむけ・・・戸口・神無月(6)

小春日和というのに、さむけがする。
自転車のペダルもゼイゼイ、ハアハアである。
いつもの1・3倍位時間がかかる。
画廊前に大きな白い車がすでに停まっている。
開廊を待っていたのだ。

初日は常連の友人たちが多かったが、二日目はメタ佐藤
さんの写真仲間が多くなる。
初めて会う人も多く気を使う。
そんな時に体調が悪く、申し訳ない気持ちである。
そんな中「北海道熊の木彫りの考察」本の販売促進手配
と吉増展案内状の手配を進める。
今年は岡崎文吉と熊の本でひとつの流れができたなあ。
岡崎文吉の自然護岸思想で、吉増さんの新たな展開「水
機ヲル日」と繋がり、山里稔さんの「北海道熊の木彫りの
考察」の出版でフランス・川俣正氏、ドイツ・谷口顕一郎
氏とも新たな関係性が生まれたからだ。
地元に根ざした思想、作品の再発見によって新たに人との
繋がりが生まれる。
文吉と熊に感謝しなければならない。

*メタ佐藤写真展「光景」-10月7日(火)-19日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*秋元さなえ展「橋を渡って」ー10月28日ー11月9日
*山里稔展「熊の木彫りコレクシヨン」-11月18日ー30日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-09 13:49 | Comments(0)


<< 木枯らし吹くー戸口・神無月(7)      メタ佐藤写真展「光景」ー戸口・... >>