人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 03日

熊の本の集まりー戸口・神無月(3)

山里稔氏の4年間に渡る労作「北海道熊の木彫り」出版祝い
を兼ねて今後の販売戦略を検討する会が昨夜あった。
事前に私はパリ在住の美術家川俣正氏に連絡し、フランスで
の販売を依頼していた。
その返事がメールで来ていてOKという事だった。
北海道三笠出身の川俣氏は多いにこの本に興味を示してくれ
たようだった。
さらにベルリン在住の美術家谷口顕一郎さんにも先日来札の
折り快諾して貰っているのでこちらにも本を送る手配となっ
ている。
後は九州の彫刻家阿部守氏にもお願いしようと思う。
出来るだけ広い範囲で世界中の熊フアンの目に留まるように
この北海道独自の彫刻を知らし召していきたい。
それがこの4年間献身的に木彫りの熊を発掘し記録した山里
氏の労に報いる事だ。
さらにネットストアー「bookstore kuma3」を立ち上げ
直接購入できるようにネット環境も整える事を決める。
そしてさらに11月にテンポラリースペースで山里さん収蔵の
熊の木彫りと本の展示にかりん舎坪井さんの朗読等のイヴェン
トも新たに提案された。
嬉しい事である。
中嶋さんの風に始まり、メタ佐藤さんの光、秋元さんの橋、山
里さんの熊に吉増さんの水となにか身辺を取り巻く事象を象徴
するかのようなテーマが年末から年明けへと揃い踏みしてきた
観がある。
明日は吉増さんが来廊予定で、中嶋さんの作品を見て頂くのが
楽しみである。
「北海道熊の木彫りの考察」の本も見てもらえる事だろう。
それぞれへの反応が楽しみだ。

*中嶋幸治展「風とは」-10月5日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*メタ佐藤写真展「光景」-10月7日ー19日
*秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日ー11月9日
*北海道熊の木彫りの考察」展ー11月11日ー23日予定。
*吉増剛造展「水機ヲル日、・・・」ー12月9日ー1月11日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2014-10-03 14:50 | Comments(1)
Commented at 2014-10-04 00:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< GOZO CINEー戸口・神無...      窓を開くー戸口・神無月(2) >>