テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 27日

木枯らし吹く日ー境界・長月(18)

晴れても風強い日。
木々の木の葉が舞い上がる。
風で体温が飛ばされるので、手袋をして自転車。
大分違うなあ~。
これから益々寒い風の日が多くなるだろう。
生(なま)で触れると摩擦が起きるのは、自然だけではない。
人間関係も同じ事。
昨日親しい人と小さな諍いをする。
つまらない事が原因だが、その時は結構ムキになる。
生(なま)に感情を剥き出しにすると、親しい仲にも礼儀なし
状況で摩擦が起きる。
心にも小さな手袋をを着けなきゃあ・・ね。
ごめんなさい。

今年は本州でも熊が多く出没するという。
里山が廃れ、自然と人間の間の緩衝地帯が無くなって来た所為
もあるようだ。
剥き出しの人間社会のエゴが自然と直に接する機会が増えて、
摩擦が起きる。
山に森に海に川に生(なま)の自然との間の護岸がなくなって
いる。
自然そのものと接する処を織るー水の流れを織る、山の斜面の
土を石段で織るような界(さかい)の織り。
吉増剛造さんの卓抜な次回の個展テーマではないが、<水機ヲル>
ような人の手を感じさせる自然との接し方だ。
人間関係でもその間に、<機(ハタ)織る>ような触れ方があり、
それを人は友情・愛情と呼ぶのだろう。
剥き出しのエゴは争いしか生まない。
人も国家も自然との付合いでも。

*中嶋幸治展「風とは」-9月23日(火)-10月5日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。本日午後2時ー3時古館賢治&
 本間洋佑ライブ・無料。
*メタ佐藤写真展「光景」-10月7日ー19日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-09-27 12:08 | Comments(0)


<< 音の内界でー境界・長月(19)      <移>と<動>ー境界・長月(17) >>