テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 23日

凛とした展示ー境界・長月(14)

中嶋幸治展「風とは」始まる。
台風が遠く南海を北上する中、暖かく澄んだ青空が広がる。
凛とした束の間の秋に相応しい凛とした展示。
製本された12冊の紅・白・黒・灰色の本が3台の白い机
の上に置かれ、中には美しい紙片の造形が綴じられている。
花弁の蓄積のように一片一片に彼の時が詰まっている。
製本されたこの冊子は見学者が自由に触れて自らも書き込む
事が出来るようになっている。
2階回廊と1階壁には、これまでの個展作品の一部が並び
今までの作家の軌跡を俯瞰する事も出来る。
他者との回路を作品を通して創ること。
そんな繊細な回路装置を花弁のように繊細に重ねて創って
きた作家の青春が、ほっと息を吐き出しているかのようだ。
深く息を吸い込み閉じて溜めて放つように、これまでの生の
時間が作品の間に漂っている。
津軽の林檎皇子中嶋幸治の札幌へのラブレターが、応えを待
ってまっさらで佇んでいるかのようだ。
12冊の美しい製本は、何日も徹夜して仕上げた3台の白い
机の上に触れる手を待って、凛としたお迎えの台座のように
黒い床に鎮座している。
これからの2週間に如何なる風の指が触れるのか。
そしてそれらは如何なる世界を生むのか。
津軽と札幌の風の花弁の純粋な交流が新たな風となって蘇生
する事を祈る月夜の神殿のような展示だ。

*中嶋幸治展「風とは」-9月23日(火)-10月5日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。9月27日午後2時~3時
 古舘賢治&本間洋佑ライブ・無料。
*メタ佐藤写真展「光景」-10月7日ー19日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503 
[PR]

by kakiten | 2014-09-23 11:54 | Comments(0)


<< 人という風吹いて初日ー境界・長...      蜻蛉の飛ぶ日ー境界・長月(13) >>