テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 31日

岡崎文吉展を見るーポプラー・葉月(18)

秋晴れ続く日曜日、時計台で催されている岡崎文吉展を見に行く。
観光客が賑わう中、久しぶりに時計台2階ホールへ入る。
窓がガラス越しに屋根の庇を見せて光っている。
今のビル構造には無い光景である。
不思議な落ち着きと安心感が窓を通して室内に漂っている。
時計台そのものの展示パネル・映像と並んで、岡崎文吉の資料
が手際よく陳列されていた。
山田航さんの新聞連載「札幌モノローグ紀行」のコピーとともに
岡崎文吉の漢詩とその現代語訳、谷口顕一郎さんの茨戸での岡崎
式護岸工事跡の作品設定写真及びテンポラリーでの展示写真など
も同時に展示されている。
時計台の鐘の映像が流されている所為もあり、会場全体が少し
暗めで岡崎の資料が読み辛いのが難点だった。
主役が時計台そのもであるのだから、観光名所の場所としては
仕方の無い事である。
開拓使時代の札幌農学校の卒業生である岡崎文吉に縁ある時計台
だから場所としては申し分ないのだ。
しかし岡崎の現代における位置を考えれば、彼の業績はもっとそれ
自体として光を充てるべきである。
いつか単独でテンポラリーで展示を試みたいという気持ちをもった。

時計台を出て今話題の北3条広場を通る。
道庁赤レンガ前の通りがプラザとなって人が群れていた。
旧開拓使通りが通りよりも道庁前広場のようになり、連結する
ビルと一体化して在る。
道庁とプラザの間の車通りはちょうど北海道マラソンで交通規制
が引かれごった返している。
マラソン規制はさらに北大構内まで続き、途中の清華亭に立ち寄
るのにも苦労する。
清華亭では国際芸術祭のMさんの展示が為されていた。
庭のハルニレの大木には目もくれず、室内に電気的作用の静寂が
演出されて鈴が鳴り扇風機が自動的に回り光が点滅するといった
ものだった。
建築当初から今も変わらず同じ場所に在るこの時間を蓄積した
建物にこうした装置はもっと控えめでも良いと思う。
ここに座っているだけで無音の時の音が響いてくる。
そして明治の建設以前から立つ庭のハルニレの巨木をみている
だけで、時の経過と静寂を感じる筈である。
ここでも控え目ながら電動のアートプラザが演出されているよ
うだ。
清華亭という場所と建物が保っている長い時の通りを室内の
プラザに囲い込んで開いてはいない気がした。

大通り駅からの地下通路、時計台の観光地、北海道マラソンの
交通規制、北3条オプラザ、清華亭の和室の電気的静寂装置と今の
札幌の断面を歩いた一日だ。

*中島幸治展「風とは」-9月23日ー10月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-08-31 16:57 | Comments(0)


<< 発熱するー境界・長月(1)      秋晴れーポプラー・葉月(17) >>