人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 03日

蒸し暑い日ーポプラー・葉月(3)

かっておもちゃ箱をひっくり返したような、気侭で自由な
作品空間を楽しそうに描いていた最初の個展。
白い壁にも直に描き込んで、斉藤ワールドは自由気侭な
万華鏡のような世界だった。
足の向くまま、気の向くままぶらぶら散歩するように
絵札も伸びていた。
その小さな快楽的小宇宙が散逸からある求心的な画面
構成へと3年前の個展から変化し、今回は煮凝りのよう
なさらに凝縮する画面へと変化している。
さらに展示構成を初日から大幅に変えて、気侭に散策する
ような作家本来のリズムの中で、作品はまるで煮凝りから
葛餅のように柔軟で上品な流れを生んでいる。
煮凝りー葛餅ーテリーヌと作品の動きが始まっている。
そのコアにあるものは静かなある現実への怒りであり、これ
までこの作家が遠ざけていた現実への直截な感情である。
作家の持ち味である上品さ、その品の良さはベースとして
変わらず保ちながらも、ある怒りというメッセージ性が
作品の気侭で奔放な視線を禁欲化して、ある凝固のような
ものを生んでいるのだ。
絵を描いて自らの玩具箱で小宇宙を創っていた世界は今
消えようとしている。
函の外に通じる怒りという回路を作家は今掘り進みつつ
あるのだ。
作家は作品と共に生きている。
この先テリーヌ斉藤周は、如何なる核爆発をみせるのか。
そうした予感に満ちた今回の展示だと私は思う。

+斉藤周展「日々の形状」-8月10日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*及川恒平×山田航ライブ「声」-8月16日午後5時~
 2500円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2014-08-03 15:26 | Comments(0)


<< 百年の眼差しーポプラー・葉月(4)      日々の形状ーポプラー・葉月(2) >>