テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 16日

展示中ー水系・文月(8)

谷口顕一郎展の展示が進んでいる。
札幌国際芸術祭500m美術館での展示を終え、こちらの
個展展示に本腰が入ってきた。
奥さんの彩さんは奥の談話室を整理整頓して綺麗に片付け
てくれた。
乱雑だった物たちが整理されてなにか室内の風通しが良く
なった気がする。
整理整頓というより、これはもうひとつの編集能力である。
棚の使い方、資料の纏める位置。
床が床として床であり、壁が壁として壁である。
そんな風に空間が生き返ってくる。
ケン(顕)とアヤ(彩)はまことに絶妙のコンビだ。
アヤさんの編集能力とケンの創造力が遠い欧州でも、また
そこへ向かったシベリア経由の旅にも十分に発揮され
今がある気がする。
10年ほど前欧州を目指す彼らに、稚内からサハリンを経由
して北回りで行く事を勧めたのは私で、ふたりはその通りに
デルスウザーラの世界を経験しつつシベリア鉄道で欧州へ
入ったのだ。
その時の旅の写真やアヤさんの書いた日記が今も手元にある。
飛行機を乗り継ぎ南回りで欧州に行くのではなく、札幌から
北回りで陸を踏締めて行く。
その半年近いふたりの行程が今もふたりの絶妙のコンビの原
動力になっているのだと思う。
そして10年。
故郷札幌での新たな出発の時である。

*谷口顕一郎展ー7月19日(土)-27日(日)am11時ーpm7時
 :月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 yrl/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-16 13:30 | Comments(0)


<< 添い寝の前夜祭ー水系・文月(9)      川俣正来るー水系・文月(7) >>