人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 27日

変わり目の時ー光陰・卯月(18)

夏個展予定のS氏が来る。
これまでのS氏の作品記録と私のブログ記載のS氏展評を
CDにデータ化して持って来た。
夏個展で今までの表現のひとつの区切りを試みる積りという。
それでこれまでの作品について、S論として文章化して欲し
いという希望だった。
データCDはその為の資料である。
今回の個展では絵画だけでなく、自分の出来得る表現手段で
色んな可能性を試みたいのだという。
純粋絵画の人と思っていたが、ある社会的な契機から一歩
世界を前に見据えて現実にコミットする気持ちのようだ。
夏の個展は彼にとって転換期の変わり目の個展となるだろう。

夕方1年振りだろうか、平面作家を名乗るA君が来る。
明治の治水学者岡崎文吉の映像発掘以来、是非この映像を
見せたかったA君である。
石狩川の上流域旭川で生まれ、宮崎駿の「風立ちぬ」を絶賛
していた彼に、私は是非見て欲しかったのだ。
見終わってから最近の様子をぽつりぽつりと話す。
彼もまた才能ある人で、行動し旅をし表現する人である。
デザインから写真も手掛けそれぞれに評価されながらも、
その枠に留まらない大欲を持っている人だ。
彼もまた次回の展示へ向けて転換期にある。
自分の表現のひとつに偏らない全面展開への欲求である。
その契機は、今ある現実の生活を見詰める誠実さから発して
いて、S氏と同様に自己への問いから生じていると感じられた。

ふたりのそれぞれに共通する自己表現への希求を聞きながら
どこかほっと共感している自分がいて、ふたりの新たな展開
を期待してこの日は暮れる。

*八木保次・伸子追悼展ー5月11日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2014-04-27 16:17 | Comments(0)


<< 花を活けるー光陰・卯月(19)      気温は朱夏ー光陰・卯月(17) >>