人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 21日

冬が戻るー拠点・弥生(12)

また白い世界が戻ってきた。
朝外を見ると白銀の世界が曇天の下に広がっている。
黒く汚れが目立ったザックザクの路面はささくれ立って
凍てつき、波うっている。
外へ出ると、少し湿り気を帯びた雪が積もって歩行を
重く感じさせる。
なにか雪の重さと同じように心も少し重く感じる。

もうすぐ八木保次さんの3回忌の命日である。
奥さんの伸子さんは2月5日保次さんは3月23日で
2012年に相次いで亡くなられた。
無人となったおふたりの住まいに残された表札をご遺族の
ご好意で私がお預かりしている。
風情ある竹に保次さんのご母堂だった八木敏さんが3人の
名前を書き彫りこんだものである。
敏さんは私の祖父の代から親しく、優れた俳人で華道家でも
あった人である。
すらりとした痩身で美しく品の良い老婦人であった。
その敏さんと保次・伸子さん3人の名前が彫られた表札を昨年
お譲りして頂いたので、これをそっと追悼展のどこか片隅に置き
たいと考えている。
しかし残念ながらまだ今年の追悼展を実現できずに、保次さんの
命日を迎えようとしている。
昨年一昨年と「それぞれの八木保次・伸子展」として、いろんな
人に声をかけ作品を持ち寄り展示してきた。
命日に関係なく、おふたりの作品の色彩が一番似合う春の光溢れ
る時期にいつも展示を逢わせてきたのである。
展示のトニカとなる私の所蔵品であるふたりの作品の色彩が、黄色
と緑の美しい抽象と具象の春の色彩に満ちているからである。
今日の寒さが今年最後の冬であるなら、この後にこそ一日も早く
おふたりの遺した一色突破の春の色を柔らかい陽射しの中に表札も
添えて置いてみたいと思う。
札幌に生まれ最後までこの地の色彩を追及したおふたりを偲んで。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2014-03-21 15:35 | Comments(0)


<< 幻の地下歩道ー拠点・弥生(13)      よ~い、ロンドン!-拠点・弥生... >>