人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 24日

最終日の夜ー一角獣・如月(13)

最終日夜打ち上げ。
3つの流れとなる。
最初は親しい友人達が集まり乾杯し歓談。
その後恒例の酒井博史さんの弾き語りライブ。
久しぶりに胸打つヒロシの熱唱を聞く。
ライブハウス出番前に時間を割いてこの夜の打ち上げの為に
参上してくれた酒井さんの歌が終わった後、美術記者のI氏
が仕事を終えて来る。
示唆に満ちた優れた展覧会評を載せてくれた人である。
そしてさらに昨年末の美術館で今度の高臣作品展示を企画
展示してくれた学芸員のF氏も出張から帰って千歳空港から
直行して合流する。
美術を専門とする練達のふたりが揃い、ここからまた新たな
打ち上げモードとなつて、深夜2時近くまで話は深まった。
話せば話すほど共通の知人や話題が湧き出て、当初午後9時
頃でお開きの予定が大幅に伸びてしまったのだ。
最終日連日会場に詰めていて疲れているはずの高臣さんが、
一番ハイテンシヨンで話が止まらない。
作家にとって真に嬉しい打ち上げの一夜となったようだ。
親しい友人達、作品をきちっと見てくれた美術の批評家、
そして工房の仲間に囲まれて心が解き放たれていたのだろう。
この3段ロケットのような打ち上げの勢いは熱い流れとなって
夜の深いしじまに渦巻いていたのだ。

千葉から北海道に移住して12年。
<あふれでる>ー<ひびきあう>高臣大介である。
記念すべきライフワークの起点ともなった今回の個展。、
おめでとう!
そしてこれからも頑張ろう!

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503。

by kakiten | 2014-02-24 15:36 | Comments(0)


<< 余韻・ひびきあうー一角獣・如月...      晴れた!最終日-一角獣・如月(12) >>