人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 09日

搬出作業完了・出立ー頬杖・睦月(4)

鈴木余位さんが到着して、一日搬出作業。
専門的な映像機材が多いから、こちらは傍で見ている
だけ。
余位さんひとりで手際良く、実にきっちりと片付ける。
作業開始直前に最後のお客さんが来て、もう一度全映像
を観賞していった。
その為梱包開始は2時間ほど遅れたが、それから午後8時
頃までに片付け作業を終わらせた。
東京から着いて直ぐにお疲れと思い、その後居酒屋ゆかり
へ行く。
後から来たY君、Mさん、最後の観客となったHさんも
合流して、3月からニューヨーク・トルコへ一年間留学す
る余位さんの送別会と今回の展示の打ち上げを兼ねて飲む。
4年前目黒美術館で偶然お会いしてから、、石田尚志・吉増
剛造さんを媒介にして深まった友情が、今回の展示にも繋が
っている。
人の出会いとは不思議なものである。
映像作家として出発の忘れられないこの一年と思う。
3月以降はニューヨークからヨーロッパと世界にはばたく
訳で、そのスタートラインのひとつが今回の展示参加でも
あったのだ。
彼もまた何年か後には、「怪物君」となって映像の世界を
徘徊しているのかも知れない。
そうした期待を抱かせる逸材である。

5人で飲んだ一夜はそんなみんなの熱い想いを底に秘めながら、
さらさらと渓流のように時が流れた気持ちの良い良い時間だった。

そして今日。
昼過ぎに再び東京へ発つ時が来た。
握手して別れ際に、1年後に帰国したら初の個展をここでしたいと
余位さんが呟く様に言った。
その言葉が時間を置いて、今胸に沁みる。
出立のもうひとつの確認のようにそれは響いた。

余位さん、またあえる日を楽しみに札幌で待っているよ。



*佐々木恒雄展[And Yet」-1月21日ー26日
*高臣大介ガラス個展ー2月中旬予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2014-01-09 12:22 | Comments(0)


<< 水道凍結ー頬杖・睦月(5)      一仕事終わってー頬杖・睦月(3) >>