テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 31日

尾道からー神窓・師走(18)

尾道で船大工をしながら、彫刻を志している野上裕之さん
が帰省した。
お土産に土地の銘酒や名産の牡蠣のみぞれなどを頂いた。
ちょうど彼の後輩になるY君やK君も来ていて教育大の
先輩後輩が揃い、同じく彼らの先輩にあたるドイツ在住の
美術家谷口顕一郎さんが置いていったビールで乾杯した。
ケンちゃんの置き土産が、後輩達の再会に役立ってドイツ
のケンも嬉しいだろう。
近々福井県の鯖江に嫁いだ森本めぐみさんも帰郷するらしい
ので、年末年始は人の往来が多くなる。

今日で今年も終わりの大晦日。
新雪が眩しく快晴である。
東京のOさんより連絡あり、今展示中の吉増剛造展の記事を
現代詩手帖に執筆依頼あったという。
前回の吉増展は詩人の文月悠光さんが見事な見聞記にしていた。
今回のOさんは「怪物君」の命名に関わり、初日オープニングにも
来て頂いた方なので、楽しみである。
Oさんを含めて今回の展示には、道外からの反響も大きい。

次回展示予定の網走の佐々木恒雄さんが来る。
個展タイトルは「AND YET」
楽しみである。
正に来年は<and yet>でいこう。

*吉増剛造展「怪物君」-1月5日まで。am11時ーpm7時。
 月曜・元旦休廊。
*佐々木恒雄展「AND YET」-1月21日(火)-26日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-12-31 13:51 | Comments(0)


<< 里帰りー頬杖・睦月(1)      転位ー神窓・師走(17) >>