人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 31日

渦々エルムゾーンー楡の翳・神無月(26)

佐佐木展明けの昨日午後から出勤。
少し疲れが溜まっていた。
留守録が5件ある。
前夜、今朝、昼と札幌緑の運河エルムゾーンを守る会のK氏
からのもので、今晩某議員とその後の議会対策を打ち合わせ
したいので緊急に集まりたいとの伝言だった。
他の2件もその関連で、夕方6時に指定の某所に出かけた。
守る会代表の宇田川さんが入院中なので、どうしても提起者
である私の出番も増えてくる。
代表代理のK氏も学者だが、宇田川さんとは肌合いが少し違う。
出席者も政治家が入り、問題の進展と同じように生臭い雰囲気
話題が飛び交った。
それだけ事態が、生々しく動き出しているからでもある。
<緑の運河エルムゾーンを守る>という理念の段階から、より現
実的で具体的な調査や経済敵な問題まで話は生臭い匂いを帯び
て絞られてきた。
3年前伊藤邸高層ビル化の報道に反対の烽火を上げたエルムゾー
ンを守るという理念は今現実の様々な蠢きに揺さぶられ、試練の
渦中に入りつつあるのだ。
佐佐木方斎展後、少し休養をと思った甘い気持ちは、この日の会
合で脆くも消えてしまったようである。

緑の運河エルムゾーンの生臭い蠕動は、同時にここテンポラリー
スペースの理念と現実のそれともどこかリンクして、同様の危機
感を保ってあるような気がしているのだ。
新たに送られてきた札幌国際芸術祭の第三弾プレプログラムの
「札幌は森になれるのか?」等全19回の「・・・もっと関わろう!」
のリストを見ながら、痛切にそう感じているのだ。
ひたひたとある境目の攻防が迫っている。
理念と現実、現象と本質の境界の波打ち際が音立てて。

 テンポラリ^スペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-10-31 13:34 | Comments(0)


<< 枯葉舞う日ー風曼陀羅・霜月(1)      小さな総括ー楡の翳・神無月(25) >>