テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 18日

伏古へー楡の陰・神無月(16)

昨夕閉廊後熊の木彫り愛好家たちとともに、東区伏古の砂沢
ビッキコレクターの展示室を見に行く。
ビッキの札幌時代の動物をモチーフにした彫刻が蒐集され
ている。
音威子府に移住した後の巨大な作品とは違う工芸的な精緻な
作品である。
この展示は、蒐集家の個人的な趣味が生きた独特の世界を形成
して、見応えある展示だった。
途中元村街道の傍を通る。
旧札幌川が暗渠になり、川の上を公園とした道がある。
この暗渠の川は丘珠地区に繋がって、そこで川は再び姿を現し
古い札幌川、フシコ川となってやがて石狩川へと合流する。
フシコとはアイヌ語で古いを意味する言葉である。
古い札幌川がフシコサッポロ川で、それが略されて伏古川と
呼ばれるようになったのだ。
そのフシコ川に沿って陸路の元村街道がある。
汽車が小樽ー札幌を結ぶ前の一番古い街道である。
この陸路と旧札幌川の水路がかって内陸への重要な通路でもあった。
一緒にビッキの展示を見に行ったK氏はこの近辺の住まいで土地に
詳しく、今はこの川の上道がパープルロードと呼ばれていると教え
てくれた。
なんという命名だろうか・・・。
伏古公園の方が歴史が生きて実感できるのに、パープルロードと
は、何たる命名か。
都心のパルコ仲通をシャワー通りと名付け、旧石狩町の歴史地区
の通りにも同じようにシャワー通りと名付けた例がある。
この横文字化の命名に、逆に田舎臭い胡散臭さと貧困を感じるのだ。
札幌を拓いた歴史的な浪漫街道に沿った旧札幌川の記憶を消して、
その札幌側の斜め通りは、日本ハムファイターズ通りとなり、川の跡
はパープルロードとなる。
どこにも時間の蓄積、歴史の記憶の痕跡すらみえない。
これを近代化と呼ぶなら、近代とは軽薄以外の何物でもない。

スマホにチカホと何でも横文字的に省略化して手軽にする悪しき
習慣が、この命名の呼称にも反映しているようで、苦い思いがした。
元村街道(茨戸街道)を歩こう!と言った方が私にははるかに魅力的
な響きを保って聞こえるのだが・・。
パープルロードを歩こうとは、どうしても呼ぶ気にはならない。
ひょっとして国際化とは、こうした呼び方と等しい位相から発して
いるのかも知れない。
狸小路のポンポコシャンゼリゼなんていうのもあったなあ。

*佐佐木方斎展「自由群新作展」-10月27日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-10-18 13:28 | Comments(0)


<< 透明な光ー楡の翳・神無月(17)      台風去ってー楡の翳・神無月(15) >>