人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 13日

飛んでくるー梢心・葉月(8)

2階の蔦の絡まる窓際にいつの間にか一羽の蝶と一緒に、
文月さんがいた。
知らぬ間にか来ていたのだ。
夏休みで帰省中とは知ってはいたが、ふっと蝶のように現れた。
その後奥の談話室でひさしぶりにいろんな話をした。
早速ツイターでその折の話題が呟かれている。

高校生の時に会ってから4年近く経って、もうすっかり東京に
馴染んでいる。
間もなく第二詩集も出版される予定で、その詩集のタイトルに
私は彼女の故郷・故里感覚が潜んでいると感じていた。
そのタイトルは「屋根よりも深々と」である。
表題の詩篇の内容は必ずしもそうではないが、この一行を
詩集の表題に置いた時、このタイトルは独歩して北の冬の
路を想起させるのだ。
今はすっかり東京の都会に馴染み、最近はIDアイドルの最終
予選まで勝ち残るかというしたたかで華やかな女性へと化生し
ているのだが、この詩集の表題に顕れた心象は故郷への思いで
あると私は感じていたのだ。
偶然だろうが、吹き抜けの2階の窓辺で蝶と一緒にいた事はま
るで蝶に化生してそこにいたかのようで不思議だった。
女性に蝶々は良く似合う。
きっと男は志(こころざし)という精神の綿毛を飛ばして化生し、
きっと女は愛という心の綿毛を飛ばして化生するのだろう。
そのどちらもがその飛翔するものにおいてある生き方を意志する。
その飛ぶもの<志・愛>を時に風といい、それが地と交わり根付く
時、それを風土と人は呼ぶのではないだろうか。
<屋根よりも深々と>とは、その風土の謂いだと私は思う。

元村街道(茨戸街道)古地図と河田雅文スペースの大草稿の展示
写真を過日吉増さんに送付したお礼状が送られてきた。

 ホー、と河田ギヤラリーの木の香、床の言葉、なんという愛の
 こもった佳い展示のクーキが伝わって参ります。

さらに大草稿の河田系山田系私系の源流域への試みについても、
賛同が記されていた。
この事に先立って実は私は文月さんにも打診をしていたのだ。
文月系の打診である。
勿論否というわけも無く参加してくれるといった。
この4っの水系を札幌の風土として、あの400葉を優に越える
大草稿の銀河を幾つかの小宇宙に部分構成していきたい。
それに石田尚志星雲、鈴木余位流星雲の映像が取り巻く。
年末の展示に向けてそんなイメージが広まってくる。

<屋根よりも深々と・・・>
雪と氷柱の白い地に、深々とあの大隕石君が根を下ろす事だろう。

「’古石狩川から書きはじめて」
3年目の冬である。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2013-08-13 13:25 | Comments(0)


<< 荒々しい緑ー梢心・葉月(9)      カセットテープー梢心・葉月(7) >>