人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 25日

ガラスの展覧会ー高臣大介

洞爺のGLAーGLAガラス工房の高臣大介さんより熱い電話くる。12月
21日のブログ読んでのことである。<1月展覧会できるじゃあないですか!
最後やりましようよ!>千葉県出身の彼が、最初にぶっかった難問が
冬であり最初に乗り越えたのも同じ冬だった。ガラスという透明で熱い
物体を創る人間にとっても、冬は雪と寒さによって厳しい条件として、
生活に襲いかかった。暖かい夏にガラスは、涼しげである。冬はどうだ。
世界がガラスのように澄み、透明になる。ガラスは寒く冷たくマイナスに
思え、スタッフも冬に恐れをなし去っていった。一度は千葉へ帰ることを
考えた彼は一番きつい時に逃げ出すとはどういう事だ!と父上に怒られ
再び仕事をひとりで始めはじめ、その年の冬私の2階のギヤラリーで
初の個展を開く事になる。昨年の2月のことである。2階の窓にツララが
下がりそれに沿うように吊りのガラスが100本程並ぶ。彼の作品はすべて
透明な作品でその為外光が朝昼夕と作品に取り込まれ、窓際と室内が
一体となって外からの雪明かりともに冬ならではの、ガラスならではの世界
が出現したのであった。吹雪、晴れ、曇り、天候も一日の光の変化もすべて
あるがままにガラスは映し、そして美しかった。また2週間で500ほど集中
してつくられた作品には勢いがあった。この個展で彼は北の冬を克服した
のである。そんな彼がここの最後に個展をやるという。うれしかった。
そして頼まれてDMの文章を書いた。

あふれる熱いものが、結晶するように
いま透明な形象が、想い思いの姿をして
ここにある
そして透明な想いの形が 再び溶けて
未知の無名の姿をして溢れ出す
それが 純粋であるゆえの必然ならば
さらに再び結晶する為に
喜んで今を去り 明日に溢れていくだろう
高臣大介のガラスとともに このギヤラリーが
最後の時間を過ごすこととても幸せに思っています
25年の結晶の時に心より感謝いたします。

2006年1月
白樺の時間とともに・・・器のギヤラリー中森

こんな文章とともに来年1月10日から一週間
GLAーGLA高臣大介展が始まる予定です。
皆さんよろしく

by kakiten | 2005-12-25 13:24 | Comments(4)
Commented by gla_gla ダイスケ at 2005-12-26 19:46 x
展覧会が出来る事、本当に感謝しています。
この冬の展覧会が出来ないと知ったときは、もう本当にどうしたら良いのか分からないくらい呆然としてしまいましたが、さすがに強運の持ち主の中森さんと俺!

今回も展覧会の会期までヒジョ〜に短期間ですが、一夜漬けタイプの俺にはちょうど良いのかもしれません。
どこまで出来るか自分との勝負です。
どうなるかちょっと自分でもよくわかりませんが、とにかくやります!
気合いで勝負します!
Commented by kakiten at 2005-12-27 11:27 x
gla_glaダイスケさんーそうだね。冬は大事なダイスケの原点特にここで
まだ去年なんだな~開いた個展は透明なガラスが、いかなる色よりも豊かな色を保ち、フォルムのごまかし様のない線が形として凛としてあったように思います。本当に気合という呼気がそのまま形になっていました。
ここで出会った<氣>を是非形に、作品に顕して下さい。
「気合だ~」  頑張ろう!
Commented by sichihuku at 2005-12-28 00:07
以前 gla_glaさんの展示を拝見した時も冬でした。
雪から自然に生まれたような、しかしごっつくて男っぽいグラスが印象的。
あの場所の最後になる展示に一番ふさわしい。
元気が出るじゃないですか。必ず行きます!楽しみです!
Commented by gla_gla ダイスケ at 2005-12-28 09:52 x
>sichihukuさん
ぜひお越し下さい!お待ちしております。
恥じ書かないようにがんばります。


<< 白い街      夢の痕 >>