人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 31日

上着が要らないー明暗・皐月(24)

朝から暑い。
上着が要らない。
冬が長く愚図ついて、春を飛び越し一気に夏が来る。
南の市場で珍しくアズキナを見かけたが、あれはもう
すぐになくなるのだろう。
あの上品な甘さが好きだ。
普通のスーパーでは見かけないから、日持ちのしない
山菜である。
調理はさっと湯がいておひたしが一番美味しい。
癖も灰汁もなく美味い。
琴似川の上流域に群生しているのを見た事がある。
正式名はゆきざさといい、本州では亜高山地帯に生えて
普通は見られない高根の花という。
月寒丘陵の谷川に棲息したカワシンジュカイ、南西の
山岳地域に群生するシラネアオイ、そしてその渓流域に
群生する美味なユキザサ(アズキナ)・・。
こうした近郷の丘や野山・川の固有の生命たちに短い春
にもっともっと触れたい。

「札幌緑の運河エルムゾーンを守る会」に動きがある。
昨夜某氏と面談。
現在調査進行中の伊藤邸のその後に大きく動きがでそうだ。
某氏を含めていずれ百の議論よりも実際に現地を歩く事が、
大事と話が盛り上がる。

そういえばこのエルム(春楡)に夏生えるキノコがある。
ハルニレの別名アカダモの傍に生えるのでアカダモキノコ
という。
これは現在栽培もされているらしいが、これの野生のもの
は非常に旨かった。
栽培されて小ぶりになってスーパーで売られているのは
タモギタケとして売られているが、その味のコクは断然
違った。
二風谷の今は亡き萱野茂さんが沢山採って焼肉と一緒に
焼いてくれた記憶がある。
春楡・エルムの樹はこうした旨いキノコも育てるのだ。
こうした生物の多様性こそが文化の基盤ではないか。
その宇宙の中に人間もいる。

春の山菜から一気に季節は夏のアカダモキノコへと進み
アズキナもすぐになくなるのだろう。

*八木保次・伸子追悼展ー6月2日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



by kakiten | 2013-05-31 15:27 | Comments(0)


<< ”無笛ノ口笛”-光・水無月(1)      雨上がりー明暗・皐月(23) >>