人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 06日

雪・雷ー星雲・12月(8)

雷が鳴り、湿った重い雪が降る。
街の騒音が消え、深々と白い世界。
その白い闇の世界の隅に星の隕石のように
息づいているものがある。
草稿250葉の大束。
手書きの原稿は時に川のせせらぎ、濁流、小石原
深い緑の淵・・。
緑の表紙に綴じられて、それは惑星のように在る。
その星の磁力に引き寄せられるように、荷物が届く。
鈴木余位さんの撮影上映機材である。
8mm映像の封印を解いた俊英が、満を持して今回
に賭ける。
大文字、小文字、縦横無尽に手書きで書き込まれた
和紙の大判原稿用紙。
それ自体が大河のように美しく、猥雑である。
この綴じられた草稿の周りを、吉原洋一さんの写葉と
鈴木余位さんの映像が衛星のように周る。

’古石狩河口から書きはじめてー5千行に及ぶ大作詩は
今だ未完だが、その存在感は星々を集めて流れる銀河
のようだ。

8日鈴木余位氏来廊展示設定。9日吉原洋一氏来廊展示。
両氏とも10日まで滞在帰京。
11日初日。14日吉増剛造氏来道。19日帰京。
熱い宇宙の星たちの接近が近い。

*吉増剛造展「ノート君~’古石狩河口から書きはじめて」
 12月11日(火)-1月13日(日)am11時ーpm7時・月曜定休。
 :吉増剛造(詩草稿・映像)・吉原洋一(写真)・鈴木余位(映像)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2012-12-06 12:27 | Comments(0)


<< 冬の嵐ー星雲・12月(9)      雨後雪ー星雲・12月(7) >>