人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 08日

交錯する季節ー玄黄・5月(4)

竜巻が大きな被害をもたらし、ゴールデンウイーク後半は天変地異の
様相を見せる。
暖かい空気と冷たい空気が交錯する5月。
生命が沸き立つように地の底から萌え出ると同時に、死も一緒に
深い亀裂を見せて顕れるような季節である。
明の内に暗を見る。
そして遠くから声が届く。
吉増さんに続き、フランスから便りが届く。
ムラギシをこよなく愛した縁者の方からの便りである。

 今年は宏昭ちゃんの7回忌・・・思いきって旅に出ました。
 月命日の13日パリのポンピトウーセンターのシャガールの前では
 やはり泣いてしまいました。

もう一通は、若い映像作家夫婦の引越し新婚写真付きの通知である。
これは川崎市に新居の通知である。
2葉の結婚式の写真と熱々のふたりの写真が入っていた。
死者を想い遠くへ旅している人、新婚に新居で命燃やす人。
何故こうも生と死が同時に熱く交錯するのか。
そういう季節なのだ、5月は・・。
遠い昔、私の誕生日の翌日が婚約者の急死の日だった事を思い出す。
明るい陽射しの中、無心にスケッチをしている小学生の群れを横目に
緑の燃える円山公園を急ぎ車で通り過ぎた。
朝の死者の報に急いで家に向かっていたのである。
あの時の明るい陽射しと心の内の暗い悲報の落差は今も忘れない。
生と死が際立つ季節。
それがこの北の5月である。

第一子誕生で、一升瓶一本担いで訪ねて来てくれた野上さんが来てくれた
日、妹の旦那さんが死去したという報が届く。
兄として何もしてやれないが、心から長年の看病と闘病を労わりたい。
何故こうも対極の生と死が隣り合わせるように、同時に訪れるのか。
5月の空の奥深く、深い闇の青が潜んでいる。

*「収蔵品・5月・明暗の季節」展ー5月8日(火)-20日(日)。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*大木裕之展ー5月22日~予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2012-05-08 12:40 | Comments(0)


<< 浅い夢ー玄黄・5月(5)      雨のエルムゾーンー玄黄・5月(3) >>